じゃがいもって安いからいいんだけど、微妙に時間のかかる
食材って思いません?

オーストラリアは日本と違って、じゃがいもの種類が
2,3倍はあるので、芋好きの方にはぜひともに色々試して
もらいたいところ!

こちらで人気な、チャットポテト。
こんな感じでまるごと茹でてポテトサラダ。みたいなのが
BBQやるとよく出てきたりします。

去年までチャットポテトという品種があるのかと思っていたら、
どの品種でも小さいものなら、チャットポテトと知ったわいです。笑

だけど、茹でたり色々調理に時間のかかる食材だと思うんですよね。

これはこちらの70歳代の人がよく言う、モックフィッシュ。
モック=偽物 の魚ということで、魚っぽい食感ということで
この名前なんでしょうが、削ったじゃがいもを油多めのフライパンで
こんがりと焼き上げるハッシュブラウン?みたいなやつで、たまに作ります。
こってりした油ものが食べたくなる時とか。(;´∀`)

そして、いきなりじゃがいも食べたいなー!となった日があって、
でももうご飯の時間もすぐで茹でてる暇ない・・・と思った時に
思いついたこのFPでぎゃーっっとしてから炒め煮みたいにする方法。


これならすぐに火が通って、食べられる事に気づきました!
しかも油も少なくてちょっとヘルシー。

ちなみにうちは最近ギーが再燃しています。
ギーは上澄みバター。バターを熱すると白っぽいのが上がってきますが、
それを取り除いた純正バターとも言われるバターで、インドの
アユールベーダでも使われたりしています。

iherb グラスフェッドのオーガニックギー

そんな訳で昔は結構お手頃だったんだけど、
最近だと値段も上がってきています。

インドグロサリーでももちろん買えるんだけど、
大きすぎると使い切らなくて一度無駄にしたことがあるので、
最近は割高でも使い切ってしまえるサイズを買うようにしています。
これは212gの小さめサイズ。

これはこちらでもよく見るブランドです。
日本もこれがメジャーなんですね。

買うと高いけど、バターを普通に火を通し濾過して、
作ることもできるので、手作りギーもいいと思います!

そんなわけで

糖質を避けてる人達に人気のカリフラワーライスではないけど、
そんな感じでポテトライス?的な感じで鶏料理のサイドにしました。
この日は残っていたほうれん草とベーコン、にんにくと一緒に調理してます。

使い切ってしまいたいじゃがいもも一気にやったので大鍋に
たくさんできました。

ものの10分もあれば火も通るし、食べられます!
こっぱみじんにする時短じゃがいも炒めおすすめです。

そして、これを使って4日分のご飯になったので、
献立書いておきます。ものは同じなんだけど、
違うご飯へとアップサイクルしていくので、スーもあんまり
気づいてないっぽかったです。w


(1日目)じゃがいも簡単炒め

これはサイド的に食べました。

(2日目)スープを多めに作ったので、スープの中に入れる

写真がないんですが、ミネストローネ(うちはトマト缶を入れないタイプ)
みたいな冷蔵庫の掃除スープを作ったので、残りを全部投入しました。
これだとじゃがいももすぐに食べられるし、半分ぐらいは溶けちゃって、
とろみがついた感じになったので、美味しかった!

(3日目)スープの中にホールトマト缶を入れてパスタソース

どうぶつの森のゲームで忙しかったので、w スープにトマト缶を
入れて、パスタを茹でてパスタソースとして食べました。
パスタ+芋って結構やばいけどね。w

(4日目)パスタソースが余ったら、少し煮詰めて汁気を飛ばして、
チーズをかけてオーブン焼き

もうほとんど残ってなかったので、サイドのちょい食べみたいな
一品をチーズをかけて焼いたら、ポテト、トマト、チーズなので
美味しくないわけがなく、これも大成功で、無事に使い切りました。

こういう普通のボール一つだけ料理だと、
写真を撮る気にならなくて、写真を撮らなかったのが後悔されるほど、
なかなかうまく使い切れて、ご飯作るのやる気ない時はこのローテ、
使えるなーと思いました。

ちょっと若干、炭水化物過多に偏りがちですけど、
まーね、そんな時もあるっちゅーことで。w

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

人生の半分が豪州暮らしの日本人(1児の母)が綴るメルボルンでの暮らし。 メルボルンのホットな話題、ローカル達の愛する場所や、現地で買える食材を活かして作る料理など、知って得するおいしいファミリーフレンドリーなメルボルンを紹介します。