写真:Netflixより

2012 年に 近藤麻理恵さんの人生がときめく片付けの魔法を読んで、
【モノと自分の位置関係】という記事を書きました。自分と片付けのつきあいは
そんなになるのか。(;・∀・)

読んだ時はこんまりさんの本に感銘を受けました。
本が終わったら今度はセミナーで忙しく日本を回っているとどこかの
メディアで見ていたら、次にイギリスやニューヨークでの公演・・・となって、

2019年は今や世界のコンマリさんになってしまいました!!!

今年に入ってから、Netflixで日本からアメリカに移住された
こんまりさんのTidying Upという番組が人気で、
アメリカの一部の人達からは、片付ける=Konmari という動詞
なりつつあるとかならないとか?!?!?!

物を片付ける時に、いるかいらないかの一番難しい取捨選択ですよね。
こんまり法のときめくか、ときめかないか、で決める、
「Sparking Joy」が、アメリカでも大ブームになってきています。

ここまで片付けをビジネスにしてしまうこんまりさん、大尊敬。

はじめてこんまりさんの本を読んだ時から7年経ってるけど、
今でもゆっくりペースですが、断捨離実行中です。

しかし、ファーストファッションの店で買ったもの等は、
やっぱりいらなかったなーとゴミになったことが多いので、
セール等にはほぼ行かずに、本当にほしいものだけを最近は買うようになりました。

っていうか最近はそこまで欲しいものも見つからない。

大量生産されたものはいつかゴミになる可能性が高いですもんね。
その辺、もう少し考えて買い物をしなければいけません。

小学校5年ぐらいの時から環境問題はとても興味のある分野で、
なるべく自分も地球の負担にならないように、とそんなことばかり
考えていた時期もありました。(;・∀・)

今、四〇が過ぎて自分が心地よい環境に配慮した暮らし、というのも
ようやく確率出来てきた気がします。

ルーが出来てからは特に【自分のできる範囲で】という感じで
コツコツ。無駄にならない買い物や、ゴミをあまり出さないような工夫とかの
雑誌とかが大好物です。笑

自分のエコ歴史を振り返ってみよう!

まずは2005年辺りから布ナプキンにして、同時期にスーパーへ
行くのもエコバッグ持参派でした。

エコバッグは今、3枚持っていてボッロボロになってきているけど、
とりあえず破れるぐらいまで使うつもりです。笑

ばりばりヒッピーの年でもないし、四十過ぎて見窄らしいのもちょっと…
考えものなので、その辺のバランスが難しいのが難点です。

可愛いメルボルン発デザインのオーガニック布ナプ

メルボルンでもかわいい柄の布ナプキンが出てきて嬉しい限り。
全部が全部hanahapadではないけれど、10枚ほどいろんなブランドのものを
持っていてそれで間に合っている感じです。

友達によっては、この月経カップの方が使いやすくて好きだ、と
いう人もいます。半々ぐらいかな。

友達のmakiさんが愛用者のようで、月経カップのことを書いていたので、
関連記事を貼っておきます。興味ある人もいると思うので。^^

【関連記事】

エコな生理用品月経カップって何?トイレに行けないのなら試すべき!

2006年はフラット住みだったので、ベランダで
植木鉢コンポストにも挑戦してましたねー。笑

捨てる前にも一儀式ということで、セロリソルト作ったりしてました。
(今は時間なくて無理ぽ)

2008年に今の家に引っ越してから、初めて大きなコンポストビンを
買って(というか、お隣さんが一個余ってるから、とくれた)今も
ずーっと継続してやっていて、不具合0です。

わいがずぼらで適当な性格なので、たまに鶏や魚の骨とかも入れちゃったりもしてますが、
意外に自然というものは、ありのままを元の土に戻してくれるんですね、
ほぼ形なく土に還ってます。自分もそうありたい。

2013年にルーが生まれてからは紙おむつももちろん使ってましたが、
家にいる時は布おむつでも過ごして、2017年ぐらいに野菜等の買い物袋も
友達のお母さんが作っている、長く使えるものに移行しました。

クリスマスプレゼントアイデア☆エシカルでウィンウィン! プラスチックフリーの暮らし

メルボルンにもとうとう出来た!インコンビニエンスストア!

育児も落ち着いてきたら、あーーーそうそう、自分ってこんなやったよね、
こういう事に興味があったよね、的に 笑 またもうちょっと自分の中の
エコブームが盛り上がってきて、去年にスーのサンドイッチをラップで包むのを
確実に辞めました。(単純にコンテナに入れることにした)

War on the Wasteを見て、余計にルーや次世代に自然を
残したい、と強く思ったということもあって、エコ元年リバイバりました。笑

特にウミガメのシーンは、本当に見てて辛かった。

そしてこの番組後で問題にも大きく取り上げられていて、それに続いて
中国がオーストラリアのリサイクルゴミを輸入するのをやめてから、
ようやくスーパーでプラスチック袋のリサイクルが始まって、
ゴミ箱ライナーに利用できないようなものはリサイクルにどんどん出しはじめました。

食品のプラスチック袋もリサイクルできるの知ってました?

すっきり断捨離だわ。

そして、このウミガメみたいな子が増えないように、プラスチックストローは
今ある分を使い終わったら(他にそれか使いみちある?)、買わない。

ルーとホリデー中にデビューしたステンレスのストロー。
ガラス製もありましたが、落としたら割れると困るので、
わいはゴージャスにゴールドにしてみた。笑

ルーはウィッチ感高めのマーブル。←豪州の子供達この色好きだよなー。

無添加・自然派の歯磨きペーストを試してみました。メルボルンのシティでオーガニック物を買うなら断然ここ。

メルボルンCBD内にあるオーガニック物を少し安めの値段で買える、
このグレートアースブランドのストローで、一本$4.95でした。

特にピクニック等、外出する時もかばんにさっと忍ばせています。
水は持っていってるから、買わないけどジュース飲む時とかはね。
明後日からの旅行にも持っていくよー!これ以上プラスチックを海に流したくない!

そんなこんなで色々している内に、実は、、、

うちのゴミ箱は毎週1/3も埋まっていないことにずーっと気づいていました。

その結果・・・

ザ・ゴミ箱のダウンサイジング!!

おもちゃかぃ!!!!ちっちゃ!!
な勢いほど小さくなりました。うちのゴミ箱。

80L → 45Lだったかな、確か。
横に写ってる緑のやつがスタンダードサイズ。

緑のものは庭の草木等をリサイクルしてくれるグリーンビン。
カウンシル(市役所)によっては、これをリサイクルした
マルチやポティングミックス(植木鉢用の土)を無料でもらえるところも
あったりするみたいです。

このゴミ箱のダウンサイズは一石二鳥なんです。

市役所カウンターのお姉さん
「このサイズだとお宅だったら毎年固定資産税が$45ほど安くなるね。
おもちゃみたいな大きさだけど、とりあえず挑戦してみたら?
あかんかったらまた元にも戻せるし。」
(家の値段によってもちろん割引率は違います)

そう、うちの市だとゴミ箱をダウンサイズすると、
固定資産税が安くなる!!んです。

古いものも蓋が割れていたし(言えば無料で交換して直してくれるらしい)、
夜中に隣のゴミを突っ込まれてたことも多かっただけに、このサイズで意外に
十分なのかもしれません。換え時だったかも!

今年はこれでやってみることにします!
また半年後ぐらいに、どないな感じなのか、報告します。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

人生の半分が豪州暮らしの日本人(1児の母)が綴るメルボルンでの暮らし。 メルボルンのホットな話題、ローカル達の愛する場所や、現地で買える食材を活かして作る料理など、知って得するおいしいファミリーフレンドリーなメルボルンを紹介します。