フランス発のキャンプ・スポーツ用品店のデカトロンが開店しました。

英語読みだとデカスロンですが、日本語読みで
日本語公式サイト にも使われているデカトロンと表記します。

メルボルンには2018年12月現在、メルボルン郊外東方面の、
ボックスヒルと、ノックスフィールドに二店舗あります。

場所的に、車がないと行くのが難しいかもしれません。

が、バスも通ってる大通りにあるので、どうしても公共交通機関で
行きたい人も不可能ではありません。

大阪のIKEAもこの、車がないと不便な場所にあるので、その都合で
売上に伸び悩んでると聞いたことがありますが、車社会のメルボルンでは
どんなふうに伸びていくのか、楽しみです。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

この日はこのノックスフィールドの方に行ってみました。

近所に住んでる友達によると、前はマスターズがあったところだったらしいです。

マスターズ(ウールワース系列)はバニングス(コールス系列)というホームセンター的で、
かつ、大工さん達や職人等も通うお店の対抗店として出現してきましたが、
結果7年足らずで売上に伸び悩み完全に撤退しました。

It was also regarded as one of the biggest disasters in Australian retail history.[4]

ウィキペディアによると、リテール史上、最大規模の大失敗だったようですね。。。むない。

そんな感じで現在、ホムセン=バニングスはほぼモノポリー状態になっていて、
各地域にあったマスターズの跡地に、色んなリテールが入り始めていて、
デカトロン ノックスフィールドもそんな跡地に入った一店。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

入ってみると、デッカーーーー!!!

スケールが海外仕様バリバリな感じです。

安いのはとことん安い。

この10Lのバックパックなんて$4.50!!

$4.5でもまだ利益出るて、ありえますか?????(・・;)
スウェットショップ(搾取工場)バリバリなんだとは思うんですが、
カラーバリエが、さすがフランス発、といいますか、
オーストラリアの、ええ???何でその組み合わせ選ぶ???っていう
のとは一味違います。

日本と同じく、慣れ親しんでいる、馴染みやすい
色合いの物が多かったです。

スノーピーク テント 大型テント エントリーパックTT SET-250 snow peak

スノーピーク的な色合いがやっぱり一番好きで落ち着くかな。わいは。笑

でもハンモックもオレンジとか、ちょっと煉瓦色な感じで、
いい感じでした。

ざっと店内を一周して、スポーツアパレルは特に独自のブランドを
メインに置いているようで、世界に拡がるホームウェアのお店がIKEAだとしたら、
デカトロンはスポーツ/キャンプ用品のIKEA版的な感じでしょうか。

全世界で同じ物を持ってる人がいるんだろうな、みたいな。

photo: Nil Castellví

オーストラリアでメジャーなスポーツ、フッティ、サッカー、
クリケットなんかのグッズはもちろんですが、それ以外にも、
子供用のバレー用品、自転車、体操用品、ボクシング、カヌーやアーチェリー、
カイト(スポーツの凧)、パドルボート、サーフィン、バンテージ等、
スポーツというスポーツの商品が所狭しと並んでいたので、
専門店に行かなくても、全部まとめてデカトロンで、といった感じでしょうか。

スポーツする人や、アスレジャー的な服装が好みな人は行く価値あると思います。

特にスポーツ好きな子供へのプレゼントとか買うのにも
いいのかも!と思いました。最近のトレンドらしい、面白い形の
水泳ゴーグルとかもあったしね。

そして、これが今最新のスノーケル用のマスクらしいです。

何これ?!?!?と驚き!!!

まるでフェンシングするような勢いのフルフェイスマスクが、
最近のトレンドらしいです。写真の中のポスターにありますが、
空気穴?が前面から上に伸びる!!!んですね。

なんだか恐竜のような・・・。ちょっと試してみたいけど。笑

フルフェイスタイプだと水漏れがほぼないらしく、
着け心地が結構いいらしいですけど、
ちょろっと潜りたい時とかはどうなるんでしょうか。
上がってきた時もバスっ!と息吐き出せるのかな?!

いやーしかし、スポーツグッズも色々進化しますねー。

そういう意味ではやっぱりフランスは世界と距離が近いんでしょうか。
普通のこちらのスポーツ店では見ないようなものや、
最新のスポーツグッズが揃っていたので、なかなか面白かったです。

テントはポップアップテントが激安だったので、見てみたけど、
窓もないし、高さもないし、値段は値段でした。

他にも子供がちょろっと遊べるような場所もあるので、
子供と一緒でも全然平気そうでした!

もうちょっとちゃんとしたテントがほしいんだけど、と思ってる方は
この近くにテントワールドがあるので、そちらの方がおすすめです。

キャンプはいかがですか?メルボルンキャンプ用品店の色々!

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

人生の半分が豪州暮らしの日本人(1児の母)が綴るメルボルンでの暮らし。 メルボルンのホットな話題、ローカル達の愛する場所や、現地で買える食材を活かして作る料理など、知って得するおいしいファミリーフレンドリーなメルボルンを紹介します。