毎日作らなきゃいけない料理、しかも子供がいると、
ちゃんとしたご飯を食べさせないと・・・と思うのに
なんだか似たようなメニューを毎日毎日作っている。。。

本当、ルーが出来てから料理熱のモチベーションを維持するのが、
難しいです。

幸か不幸か、うちの近所では飲食店が少なくて、
あったとしても、同じようなものばかりなので、
家で食べる、を基本にしています。
ま、作った方が安いし自分達の好みの味、というのが
一番の理由なんですけど。<丶´Д`>ゲッソリ

でも最近は疲れた時なんか特に、ワンプレートメニュー!(響きはいいけどメインのみ料理。笑)
セミ出来合いにサラダを作って終了!とかよくしてます。

➡ 冷凍コーナーの魚フライ
➡ 冷凍コーナーのディムシム!w
➡ 冷凍コーナーの餃子
➡ 冷凍コーナーのQuarn(ベジの日用)

そして今週の買い出しでセールになっていて買ってみたのが、

➡ マクロブランドのファラフェルミックス(野菜混ぜてみようかの)
➡ ソフトタコスセット(黒豆使ってベジの日用かな)
➡ ダック胸肉(オレンジソースやってみようか)

その日の天候や気分で食べたいものを決めて、
この辺りに作り置きしたサラダを食べる、というルーティンに
なりそうです。

で、最近、どうやったらまた料理したい!と思えるようになるかなーと
自問自答していたら、こないだ友達が「おにぎりしかないけど、よかったら。」
と、自家製味噌でくるみ味噌の焼きおにぎりを作ってくれて、
くるみ味噌なんて普段食べないので、わぁーーーーー♥と嬉しくなって、
このわーーーーー♥感を忘れないように、
そのまま料理アイデアでも探し続けてみようーと思って、
色々【料理】を気にかけるようにしていました。

幸い、その翌日は久々に集まったガッツ会(臓物料理を楽しむ会)で、
近所の友達と飲茶に行ってきました。そこでもみんな料理を作る側は、
同じ事を考えているようで、日々の料理について、盛り上がった話題になりました。

献立考えて、買い出し行って、下準備して、料理作って、
作ってからも、尚その後、お皿洗って片付けをして、、、、と
お弁当の準備もあったりして、この延々と毎日続く作業、、、とわいも含めて、
ちょっと疲れ気味の人が多いみたいです。

多分、そう思わない人はいないんだろうね。。。

食費は抑えつつ、簡単に作れて、後片付けも楽で、
それなりに栄養があって、真新しいものが食べたい。

・・・人間、難しい生き物ですね。
だから最近はこれをやる時間のない人用に食材セット的なのが
爆発的に売れてるみたいですが、分かります、その気持ち。

でも、このガッツの会で今回初めて食べた牛の腱の一品。
フォーに入ってる腱は硬すぎて食べないのですが、この飲茶のやつは、
もう本当ゼリーのように柔らかく煮込まれていて、初めて
あー腱ってこんなに美味しいのか!と思えた一品で、
硬い部分でも捨てる部分でも、工夫して食べられるように調理する

その心を中国4000年の歴史は改めて再認識させてくれました。笑

ってなわけで、美味しいものから遠ざかると、料理に対して、
面倒い感が生まれてくる感じがしてきたので、積極的に、
料理本とかyoutubeを見たりしてみることにしました。

で、ぬぉーーー!!!と熱烈にアジア飯熱が盛り上がったのがこちら。

The Food Ranger (ザ・フードレンジャー)というYoutube動画。

カナダ出身のトレバー・ジェイムスさんという男性が始めたもので、
中国人の奥さんと結婚して中国がベースとなってからは、
旅行をしながら、世界各国のストリートフードに特価した動画をやってはります。

ストリートフード大好きなわいとしては、ドンピシャで
すっかりハマってしまいました。

若干トレバーさんのオーバーリアクションなナレーションが耳障りなんですが、
なるだけ現地語でコミュニケーションを取ろうとする姿勢は好印象ですし、
紹介するものは本当、わーどんな味???と興味津々。

特にわいはこのバングラデシュの動画がすんごいツボで、
バングラデシュ料理習いたいなーと思ったりしつつ。

 

何話目かのバングラデシュ編で、朝ごはんに食べるベジカレーと
パラサ(チャパティみたいなパン)、セモリナの甘いデザートのお皿を
サーブするシーンがあったのですが、一つ注文すると、盛る時点で
何か少し硬めの雑誌を切り取ったその一枚の上にカレーが盛られ、
そこにパラサとセモリナのデザートがついて、それをお皿に乗せる。みたいな。

そして多分お皿の下にあるもう一枚は多分紙ナプキン的にどうぞ。と
渡されるんだろうな、みたいな。w 全ては雑誌のページが再利用されている。

か・・・紙の上で食べる・・・のか・・・。
斬新な・・・。

と思いましたが、まー死にはせんな・・・。と思ったりしつつ。笑
あかん人にはとことんあかんのやと思いますけどね、衛生面がーー的な面で。

よく考えてみればストリートフードだから、食器を(しっかりゴシゴシと)
洗うのを極力避けたいというのと、時間短縮、紙は土に還るだろうし、
ある意味エコやんか。となんかちょっと、こちらの暮らしにも
このアイデアをキャンプか何かで使えないだろうか。と思ったりもしつつ。

うちもキャンプの時はここ数年ずっと紙皿で同じ仕様ですが、
この際紙皿もちょっと硬めのページの雑誌でええか???とも思ったり。w

中国の本場の担々麺、ジャージャー麺、そして今世界で
流行っている蘭州牛肉麺もあって、メルボルンの牛肉麺行くどーーー!!と
盛り上がっています。一人で。笑

中国大陸広いよなーーー本当。
昔東南アジアバッパー3ヶ月にでかけた頃、
昆明&大理に行きたかったんですが、資金繰りが底をつき、
そこまで回れなくて残念だったので、いつか杭州や、
この蘭州辺りも行ってみたいです。

麺(シルク)ロードにめちゃくちゃ興味あるんですよね。
猿岩石もっかい見れたら見てみたいな、みたいな。

うちの近所のアジグロにも麺コーナーは一列ずんらぁーーーーっと
中国麺が種類豊富に並んでますしね。

ちょっと中国の麺編の料理は研究したいですね。

あ、ちなみにこの間話していた、ウームー(五木)の麺の写真撮ってきました。
これです。1.81kg入って$9。安いっす。

久々のオプショッピングで見つけたもの & コンブチャの話 & 五木の麺の話

2019年2月26日

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

他にもコールスが出してた無料でもらえる雑誌も、
最近のは手が込んでいて、ドナヘイもびっくりですね、きっと。

彩りやら、オサレ感あるし、編集デザインなんかも見ていて
面白いので、料理アイデアと共にインスピレーションをば。

そして最後は、ウールワース(スーパー)のマクロエリアで見つけた、
このお粉4兄弟。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

左から

:arrow:未熟なバナナのフラワー(粉)
:arrow:カリフラワーフラワー
:arrow:ブロッコリーパウダー
:arrow:さつまいもパウダー

なんかが並んでいて、オージー達に使い切れるのか!?これは・・・。と
思ったりもしつつ、バナナフラワーなんてつい最近、環境系の大反響のあった番組、
War on the wasteでも問題視されていた大きくなりすぎて
スーパーに売れなくなった未熟バナナの再利用について、バナナ農家の人が
それを使ってバナナフラワーを開発したと聞いてはいましたが、
まさかこんなに早くスーパーの棚にお目見えしているとは、驚きです。

ルーはさつまいもとカリフラワーは食べないのですが、
この粉系ってどうなんだろ?でもどちみちお菓子として使うのであれば、
蒸したものを甘いやつと混ぜたら食べそうな気はしていて、
さつまいも餅的に作ったらいいかなーとも思ったりしつつ。
それやったらわざわざ粉なんていらんしな。

まーなんしかやってみんことにはわかりませんね。
また今度さつまいもで芋餅的なんやってみます!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

人生の半分が豪州暮らしの日本人(1児の母)が綴るメルボルンでの暮らし。 メルボルンのホットな話題、ローカル達の愛する場所や、現地で買える食材を活かして作る料理など、知って得するおいしいファミリーフレンドリーなメルボルンを紹介します。