休み中にコンディメント/ソースを(調味料)色々作ってみた

今更感たっぷりですが、近頃自分はコンディメント、
すなわちソースや調味料がとても好きな事に気づきました。

なんかお店でもそういうソースが揃っていたら、
ワクワクして全部試してみたい派です。笑
(しないけど)

料理本でも一番気合を入れてみているのは
ソースや調味料類やん!ということに気づきました。

そう、わい、ソースとか調味料とかがすごく好きみたい。笑
多分日頃つくるものは一緒でも、美味しい調味料やソースとかがあったら
それで一味上のレベルにいける感があるからでしょうか。

休み中になくなってまた食べたいなーと思っていたやつを
色々作りました。

トップバッターはハラペーニョの酢漬け。

ここ数年、自宅でメキシカン、特にタコスをやることも
増えてきたので、ハラペーニョの酢漬けはやっぱ合うな!と
思って仕込みました。

他にも唐辛子が出回り始めたら、沖縄のコーレーグス同様、
チリ酢を作っています。

その時の気分でにんにくスライスを入れておいたり
甘酢だったり、酢のみの時だったり色々変わります。

最近は、一般のスーパー(Wの方)でも
すし酢が売られるようになったので

ブランド名の名もおべんとう!w

これを一本セールの時に買って
パントリーに常備させています。

昔はすし酢も家で作ってたんだけどね。
これだとルーのお弁当用の朝に作る海苔巻も
ご飯チンしてまぶして、具を乗せて巻く。終了ー!
と簡単なのでTENUKI(手抜き)というダークサイドに落ちました。笑

またきっと再開した方がいいけど、おかんらが来たときに
「すし酢って作りおきしてたら、酢が飛ばへん?」とおかんに突っ込まれて、
そういえばそうなの??かな?と思って作り置きをやめましたが、
省ゴミということでも、また今年から作り置きしておこうかな。
この瓶に。

そう、このすし酢に漬けただけです、ハラペーニョの酢漬け。
でもちょっと酢が薄い気がするので、穀物酢を足しました。

2202

写真は2016年。

最近はトウガラシ醤油は作ってませんが、赤とうがらしの甘酢漬けも
常備しています。

夏のバジルが美味しい季節によく作る、
チミチュリ。

南アメリカのステーキソース、みたいな。

バジル、パセリ、オレガノ、マスタード、チリ、玉ねぎ、
ケーパー、オリーブオイル、レモン汁などを混ぜます。

オイルで肉食べるの?とちょっとドキドキしますが
西洋ではバターソース+肉とか普通なので
肉とオイルは合うんですよ。

うちが特に買う部位は脂身の少ない赤身
フランク(日本でいうサガリ)が多いので
良質のオリーブオイルたっぷりのチミチュリで
肉を食べるのはなかなか乙なもの!

あと、これも夏の間によく作る
ケール、マンゴー、ココナッツのサラダ。

細かくシュレッドしたケール、マンゴーの切り身と
乾燥ココナッツを混ぜてポン酢でいただきます。

あっさりとした中に甘さと、そしてチミチュリのパンチが
あって肉料理にとても合う夏向きサラダ。

簡単なのでやってみてね。

トルコ人の同僚が分けてくれた、お家自慢の赤ピーマンペースト。

親戚家族の為に一年分を集まって作って仕込むみたいです。

話を聞いていると、赤ピーマンを買って数日間ほど
干して水分を抜いて甘みをぎゅっと凝縮さしてから
調理されてこの状態になるそうなので旨味インテンス(強烈)!!!!!!

何に使ってる?と聞いたら、レンティルなどのスープに入れたりとか、
トルコの伝統料理でソウルフード、クルスファリエ。

他には日本でいうカレーの位置づけでもあり、
おふくろの味でもあるというクルスファリエにも入れるよ。

と聞いていて、基本白インゲン豆と牛肉の煮込みなんだけど
聞いてるだけで美味しそうなので、寒い日があったら挑戦したい!

インテンスな味なので、ティスプーンに一匙でスープにも
十分な旨味が出てきます。ボロネーズやレンティルのスープなど、
我が家には欠かせない隠し味になっているペーストです。
なくなったらどうしよ。笑

それが怖くてめっちゃちびちび大事に使っています。

他、マレーシア系中国人と豪州人カップル作成の食べる辣油も
いただきました。

水餃子にでもつけて食べてみて。とのこと。^^

これもうまい!!!!!
花椒(ホワジャオ)がたっぷり入っているので
ビリビリ痺れる〜感たっぷりの麻辣ですが
茹でた麺にかけてちょっと醤油をかけるだけで
食べられる美味しさ!

映えないからもっとネギとかふれよ。な勢いですが
他に野菜のおかずもあったし手抜きダークサイド。w

糖質&グルテンカットの人には引かれると思いますが
美味しかったです。

ちなみに使ってる麺は乾麺で、五木のやつです。

久々のオプショッピングで見つけたもの & コンブチャの話 & 五木の麺の話

2019年2月26日

料理番組とかも見なくなって、ルーが食べられるもの。的な
ご飯ばかりを作っていたらアイデアがすっかり狡猾してしまい
新年新たに図書館で見てみたかった料理本なんかをたくさん
借りてきました。

その中にもメルボルンでは有名なお店の本もあったので
試しに借りてみたらこれまたソース類が大充実していて
よかったので作ってみたい熱が湧いてきました!

ちょっといっぱい目に作って、職場に持っていってもいいな。^^


2 件のコメント

  • ponzuさんこんにちは。
    寿司酢の手作り、便利ですよ〜!(あと、お酢飛ばないです。)うちは900mlのボトル(日本から来た元醤油ビン)に作って常備してます。お寿司に使うよりもドレッシングに使う方が多いかも。
    1番のおすすめは赤玉ねぎのすし酢漬けですね。好きな形に切ったのを漬けるだけ!です。すごく綺麗なお酢になるしつけた玉ねぎはそのまま、サラダの彩り、ツナディップの付け合わせなどすごく使えます。赤キャベツもなかなか良かったし、大根とかラディッシュも多分つけると美味しいんじゃないかなと思います。
    自分で作ると甘め、酸っぱめとか味の調整も出来るし、安いし、安心だしと三拍子揃います。

    ではではー!

    • >Uzumaki さん
      こんにちは。そうですよえ。うちも昔は作っていたのに、おかんのその一言で
      辞めてしまったんですがまた再開しようと思います!
      うちも玉ねぎの酢漬け作ってます!でも確かに赤たまねぎの方が色も出て見栄えも良さそうですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください