怒涛の週4仕事が火曜に終わって、ほっと一息。

ホリデーに入ったどー!と浮かれていて、
髪の毛も切って染めて、さっぱりしたところで、
風邪がやってきました。(´;ω;`) ガクーン。

屋内では見た目黒髪ですが、屋外に出たら青、という感じになりました。
人生の内で一回は金髪にしてみたい、という
バケツリストがあったので、やったどー!!達成!
(ブリーチ2回、計3時間コースになった)

金髪はほんまにイエス!高須クリニック〜♫の高須先生になり、
その日、最終工程の青入れの時は地肌ももう限界、
めっちゃ痛かったので、我慢出来ずに無理やわーとなって、
一日おいてもらってから青を入れました。

金髪はでも、、、全然似合いませんでした


一度目のブリーチの後はCCB??何これ???な
すんごい嫌らしい感じの黄色みがかった金髪。オェ。
どこのヤンキー???/売れないヒールのプロレスラー?な感じ。

で、二回目でようやくあの高須金髪になったんですが、
やってみて感じがわかったんで、納得しました。笑
やらなくて後悔より、やって後悔派です。

これでプラチナブロンドとかにしようと思ったら、
多分毛ぇー切れるぐらいブリーチしなあかんのでしょうな。

金髪は前髪だけビーニーから見えてたら、お。悪ない?
ええやん?!ですが、全体、となるとほんまエグかった。

上に青が入るけど何故かこの金髪の時点で、what have I done??
(何を血迷ったんだ、私、的な)めっちゃビビって、
(多分見た目の相当の違いにショックを受けたっぽい)

私、、、こ、これで、、、ルーの小学校の初日に行くのか、と
考えたら恐ろしく、笑 小学校が夢にまで出てきたほど。


カットはこんな感じで、とこれを見せて、一番始めに
ものの15分程度で終わったのですが、
ま、いい感じ。な満足度。前回がエグかったというのもあるのかも。w

ここでも思いっきりレイヤー入れられるので、よっぽど
毛が多くてスタイリストからしたら、この毛量はそぎたくなるんかね。

「あなた毛が多くて浮くから、ロングよりベリーショートの方が似合うよ。」と
お姉系のベトナム人スタイリストに言われました。

今回ママ友に勧めてもらって初めて行ったところで、
ようそんな激しい色やるな、と突っ込まれそうですが、
ベトナム系の美容院で、気負わなくて気楽なのでよかったです。
特に日本の美容院って行くの結構緊張する。何故か。

が!潔癖な人にはベトナム系オススメしないな。

カット代も$20+$120カラー=$140の値段の代わり、
切ったありとあらゆる毛はチリチリバラバラいーっぱい色んなところに散らばってて、
ごみも一緒に床に全部投げて、それをある程度まで来たら一気に掃除する、
いわゆる中華&ベトナム風の環境なので、日本スタイルになれてる人には、
これがとことん無理やと思います。

はさみやブラシも結構そのままずーっと、
使ってる風だったし。←これはさすがにちょっと嫌やった。
毛を払うブラシが脂っぽい匂いがしたので絶対何もしてないはず。
だから行くなら平日朝一番、がいいな、と思いました。

と、アジア旅行している時には、普通の事なのでそこまで驚きませんが、
衛生的にはやっぱり日本人経営のサロンの方がいいでしょうね。きっぱり!

一日明けた今も後頭部の地肌がつってる感じが分かります。
言うたら化学反応で髪を無理やり染めるわけだから、
皮膚が焼けた感ありです。まーほんま火傷ですわな。
ブリーチとかおしゃれってほんまに大変なんやなーと心から実感。(・_・;)

屋内(ほぼ黒ですね)あんなにブリーチしたのは何だったんだ?というほどの黒に戻ってる。笑

と、いうわけで一応、金髪よりかはぱっと見が落ち着いた髪色になったんで、
よしとしましょう。

屋外でようやく青/紫?と分かる感じ。西洋人の描く典型的なアジア人女子になった気がする。笑

多分20年ぶりぐらいとかに普通の毛染め用シャンプーとか見に行ったけど、
色を早く落とすシャンプーなんかも売っていて、そうかー
色を入れたら、落とさな次の色にはできんなーと思ったので、
こうなったら、この調子で数年はカラーホイールの色を
一周してみようと。一周したところで色髪は終了しよう、と心に決めました。笑

多分思うに、青が落ちてきたら緑っぽい金髪に戻ってくると思うので、
その辺で緑か、オレンジに行き、赤に行き、とやってみます。

伸びてきたらオンブレ状態で、切っていきつつ、終了。ということで。

今月は他の同僚はロングサービスリーブ(勤続7か8年で長期休暇がもらえる)が
始まってカナダに帰国しました。

その前に作ってくれた北米風のパンケーキ!いえーい。
なんか北米=パンケーキのイメージがあって想像するだけで、
美味しい感あり。笑

仕事中は、今豪ドル安やから、貯金!貯金!と思いながら、
日々気を張っていたのが、✿終わったー♥と思ったら、
一気にその気の抜けた穴から、風邪がやってきたような感じです。とほほ。
ゾクゾクと寒い系。葛根湯系のやつです。(T_T)

よう見とるなー風邪の神さん。

ルーも同じく、今日は最後の日にも関わらず
昨夜から咳と鼻水が凄くて、よく眠れなかったようなので、
大事をとって休ませて、今晩のフライトに挑みます。

習い事も無事全部行った。
連絡も全部した。
家の片付けもした。

とにかく一つ節目が終わった感で一杯です。

昨日、この方のツイートを読んで、はっとしました。

普段職場などで関わる周りの女性陣が皆そんな感じだから、
なんとなく自分も無意識に影響されて、多分頑張ってんだろうなー。

一つ例を上げるとすれば、
「緊急の時、20kg持ち上げられなくてどうする?
タイヤパンクして変えられなかったらどうする?」

と、討論好きな同僚の女性にはよく言われますが、
まさに仰るその通り!なんだけど、でもそこまで完璧に
全て自分でこなせるようになる必要性があるのか?

そんな風な、自立した女性陣同僚に囲まれ、男性陣も
どちらかと言えば、それに押されている感満載の
LGBTQ率も高めな職場なのですが、実際どうなんだろね。
と思ってしまいます。甘いのかな、わい。

まーパンク等はお金を払って、業者に頼めますけどね、
フィジカルに何キロ持てるか、とかその辺も「火事場のクソ力があるって!」と
根拠もエビデンスも全くない言い訳をすることしかできてません。笑

しかし、そう強がらないといけない環境や社会なのか?と、考えたりもします。
オーストラリアもメンタルヘルスで悩んでる人が多い、というのも
そういうプレッシャーとの関係性があるのかな?と仮定してみたりしますが、
その辺は勝手な自分の妄想なのでさらっと聞き流してください。

この辺の文化の違いを見ていると、結局はどこの国でも
人間がいる間は、何かしらの問題を抱えるということなんでしょうね。
ひきこもりの問題なんかも深刻みたいですしね。日本の場合。
8050だっけ?

80歳(親世代)と50歳(子供世代)のひきこもりを持つ家庭。
これから社会はどんな風に転がって行くんでしょうか。

わいの場合、日本だと言葉も分かるし、なんといっても実家だし、
そういう意味では、久々に必要以上に頑張らなくてもいい気がします。
そう思えるだけでなんか心が休まるわ。w

しかし、”日本人のような”人、とツイッターでも
自己分析をしているのですが、この宙ぶらりんな感じも
ええかげん落とし前着けたいような気もしつつ。笑

移民二世と同じく、自分のIDは何なん?と思う事が
最近よくあります。

最初の二週間は右往左往、日本人に戻るのに必死だと思いますが、
写真なんかもまた再開して撮りつつ、ブログも毎日更新目指して
暮らしてみようと思ってます。

だらだら3700字弱書きなぐって、少し緊張が和らぎました。笑
行ける気がしてきた。

ではまた日本から!

おまけ:これまたすごい偶然なんだけど、ベトナム系美容院でシャンプーしてくれた娘さんが多分今晩の同じ便で日本に旅行に行くようで、笑 そこの美容院には縁があるのかな?と勝手に思ってしまいました。笑 すごい偶然じゃない?

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

人生の半分が豪州暮らしの日本人(1児の母)が綴るメルボルンでの暮らし。 メルボルンのホットな話題、ローカル達の愛する場所や、現地で買える食材を活かして作る料理など、知って得するおいしいファミリーフレンドリーなメルボルンを紹介します。