チェリー(プチ/ミニ)トマトで作る絶品パスタソース さくっと手順も紹介

 

トマトの季節は終わったので、買わないんですが、
職場で傷物になってしまったチェリートマトが大量に。涙


おおおーぉおーーー!!!

と、Sowhatさんのこのブログ記事を思い出して、
ちょっくらもらってきました。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

ちなみに英語だとプチというフランス語表現はせずに、
【チェリートマト】という名前の方が一般的です。

帰ってきてからこの日のランチはスペック(ベーコンでもよい)と、
チェリートマトを使ったパスタソースを作ってみることにしました。
スペックはちなみにドイツのベーコンのことで、塊で買えるので、
それを少しずつ切って使う方が好きです。(ALDIやスーパーで買えます)

 

うちのチェリートマトパスタの作り方


パスタを作る時って、パスタを茹でるのに一番時間がかかるので、
まずは一番最初にパスタを茹でる鍋を火にかけます
家にある二番目に底の深い寸胴鍋を使っています。
やっぱりパスタ同士くっつきにくいし、寸胴鍋で茹でるのがいいのかなーと。

たっぷりのお湯とわいは大さじ1ぐらいの塩を入れます
イタリア系豪州人の家庭とかだと軽く一握り!という家庭も
見たことがあるほど、パスタを茹でる時の塩は少し多めの方が
美味しいみたいです。

なので、お湯を一番最初に準備してから、具材の準備を始めます。
そうするとソースが出来上がる頃にいい塩梅でパスタが茹で上がっている感じの
計算になりますよ。

スペックは薄めに切って、ベーコンだと2cm幅ぐらいに切りましょうか。
にんにくもたっぷり入れた方が美味しいかなーと思って、2かけ使いました。w

にんにくは香りを移すためにオイルで・・・っていうのを先にやるのがいいんでしょうが、
焦げることが多いので(って火強すぎやろ、多分)、先に少量の油で
スペックを炒めてからプチトマトを入れました。

大体この辺になったらパスタを茹でるお湯が湧いているはずなので、
パスタを茹で始めます。

パスタを横で茹でながらソースを仕上げていきます。
パスタはたまに鍋内をぐるぐるやる感じで。
途中ソースが焦げそうになったら、お鍋のパスタのお湯を入れつつ、
様子見ていきます。

ちなみにうちで使っているのは無印のシリコーン調理スプーン。
もうこれ一択で、全てまかなえます!

無印良品 シリコーン調理スプーン 長さ約26cm

もうさ、ズボラ一辺倒なので、ソースを混ぜてるこのスプーンで
パスタもぐるぐるやっちゃう。笑

出始めた時に日本ではあまりの使い勝手の良さに、
品切れが続出だったけど、2年ぐらい前のメルボルンのエンポリアムの無印には、
普っ通〜にたくさん並んでいたので、店舗で買いました。笑

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

最近人気のSIOのシェフが作る明太子パスタの時も、
”パスタを3分に一回ぐらい混ぜると、アルデンテの具合も違ってくる。”
と言ってらしたので、意外に混ぜるの、やっぱり大事なんでしょうね!

ちなみにSIOでは1%の塩を入れて茹でているのだそうです。

この動画は後で見たけど、やっぱり大体作り方は合ってる感があったので、
ふむ。いい動線にいるようです。

で、少し茹で汁を足してこんな感じになったところで刻んだにんにくを投入。

最後の仕上げぐらいの状態で、ソースとしてチェリートマトを
味わいたいので、お玉半分ぐらいのパスタの茹で汁を入れます!
(様子を見ながらちょっとずつね)

そう、これ、最近気づいたのですが、よく茹で汁を入れるってTVとかレシピ等で
見てたけどやってなくて、実際に忠実に茹で汁を入れたらやっぱり美味しいの!

パスタの湯切り仕上げ寸前に三度豆もさっと茹でて取っておきます。

この時は三度豆で、何かしら色の濃い緑黄色野菜を食べることを
心がけているので、この時にブロッコリーだったり、ケールだったり、
ちょっとした青物も最後にパスタの鍋で火を入れます。

ちなみに味付けは、塩をひとつまみ、胡椒をガリガリっとやるだけです。
スペックにも塩分があるのと、パスタの茹で汁も結構塩を入れる派なので、
そこに味がしっかり目についていて、味付けはシンプルに塩コショウのみです。

言うたらパスタは小麦のうまみが茹で汁に出ているわけで、
これを入れたら具材と茹で汁がうまく乳化するんですよね、きっと。

それを経て、美味しいソースになる。

なんで今までやらなかったんだろ。

仕上げに火を止めてオリーブオイルを入れて、フライパンを
よく振ってさらに乳化させることで、本当に美味しいソースに仕上がります。

仕上げにパルメジャーノをガリガリっと削ります。
ものの30分もあれば本格イタリアン!パスタの出来上がり。

パルメジャ-ノ・レジャ-ノ

パルメジャーノはうちも小さめの200gぐらいのブロックものを
買っておいてあります。パスタの時はこれをかけて食べてます。
ルーも好きで、薄く切ってほしいと言ってくるので、結構すぐになくなります。w

スーパーでもチーズやバター、乳製品の置いてあるところに
パルメジャーノ置いてあります。

今度はこのチェリートマト缶を買って同じものを作って、
味を比べてみたいと思います!

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

無印良品 シリコーン調理スプーン 長さ約26cm

 

4 件のコメント

  • おぉ〜!!こういうパスタ大好物です!そしてちょうど今夜は冷凍ストックのボロネーゼだけど、自分用にはあっさりパスタが良いなと思っていたところ!そしてちょうど黄色ミニトマトもベーコンもある!これでいきます!ところで、今年は味噌を仕込みましたか?今サンライスの赤い袋の米しか手に入らなくて、果たしてこの米で米麹がうまく味噌が作れるのか?とためらっています。炊いた時のにおいも全然違うし。赤袋の米で作ったことありますか?

    • >ともこさん
      完璧ですね!^^ 

      今年はまだ味噌を仕込んでいません。

      サンライスの赤袋のお米と混ぜて麹作ったことありますけど、うまくできましたよ。
      米麹造りだと逆にちょっと乾燥したようなお米の方がうまくできる、と聞いたこともあるので、
      いいんじゃないでしょうか?赤袋のお米で米麹を作ってお味噌作ってらっしゃる方もよくいるみたいですし。^^

      • 黄色のパスタソースが出来上がりました!笑
        とても美味しかった!ナイスアイデアありがとうございました!ぽんずさんの経験を信じて、今年は赤袋の米でやってみます!

        • >ともこさん
          はは!黄色のトマトソースも美味しそうですね!

          すみません、今年味噌は仕込んでいないといいましたが、
          日本で買ってきてもらった乾燥米麹では味噌は造りました。

          まだ今年は手作り米麹を使った味噌は仕込んでいません。が正しい表記です。w
          お米はお米だし、うまくいくと思いますよ?逆にそちらの方が、
          地産地消で良さそうじゃないですか?うまくいくといいですね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    人生の半分が豪州暮らしの日本人(1児の母)が綴るメルボルンでの暮らし。 メルボルンのホットな話題、ローカル達の愛する場所や、現地で買える食材を活かして作る料理など、知って得するおいしいファミリーフレンドリーなメルボルンを紹介します。