気がついたらいつの間にやら空にはこんな秋空が広がり、
庭のりんごもボール一杯分ぐらいたくさん身をつけ、すっかり秋に
なっていました。

そんな感じで、いつのまにか秋休みも始まっていた。というわけで。
ちょっと一段落です。

今週はゆっくりできそうなのですが、来週からはわいは通常運転なので、
今週中にやりたかったことなんかやってみたいな、と。

このイースターの時期は、友達が日本の春休みを生かして、
メルボルンに帰って来ることも多く、何人か急に会うことになったりしましたが、
いくらSNSでつながっている、といえども、
やっぱり実際に会う。というのはとてもいい事だなーと
思いました。

別件でも忙しさにかまかけて5年とか会えてなかった人に
久々に会えたりして、人と会う。という大事さを実感した
3月、4月でした。

これから暗闇に。グラデーションと木々のシルエットがとてもキレイ

そうこうしている内に、ふとあの人元気かなーと頭をよぎった人に、
「元気?長い事会ってへんから会いたいわ!」とメッセージを送ったら、
ずっと行けてなかったキャンプに急遽一緒に行くことになりました。

キャンプは本当、飲んだくれても、テントで寝ればいいだけだから、
じーっくりとキャッチアップするには、
一番いいツールじゃないかな?と思ってます。

わいらも旅行やら何やらで夏は全然キャンプに行けてなかったので、
久々のブッシュを大満喫できました。

火をおこす時は最初こんな風に小枝でティーピー型にするのが一番簡単な火の起こし方。

火を起こして、夜になれば暗くなる前にご飯食べて、
生ギターでみんなで歌って、飲んで、星見に行って、寝る。

みたいな究極のシンプルさなんですが、
頭もすっきり。

お昼間に、友達が自分の歯ブラシの当たりを良くするために、
歯ブラシを削り始めました。「こういう事って、気になりつつ、
ずーっとやりたかったけど、何故か家ではやらなくて、
時間がなくて全然できてなかった事とかキャンプではできるよね。」

と言っていて、本当にそうだな、と思いました。

 

座って話している無駄な時間のように見えて、そんな時間て
最近そうそうないし逆にそれがとても贅沢な時間というか、
自分の暮らしの質を上げる時間を作る機会というか、んー。
未だ言葉で表しきれないのですが、この意味のない時間?
何もしない/時間に追われない余裕さ?

満天の星空の下の真っ暗闇。ここまで真っ暗闇に身を浸せることもそうない、このご時世。

それが意外にとても大事だなーと思いました。

家にいるとどうしてもあれもしなきゃ、これもしなきゃ、
で、ある程度やって、あー疲れたからお茶でも飲みながら、
SNSでも見よう。と逆に無駄な時間を過ごしてる感じもしながら、
時間の使い方にちょっとしたインスピレーションがあった
キャンプになりました。

スーも意外に頭すげーすっきりして、仕事にもメリハリが出た。と
言っていたので、やっぱり自然の中に身を投じるのは動物として、
とても重要なことなのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

人生の半分が豪州暮らしの日本人(1児の母)が綴るメルボルンでの暮らし。 メルボルンのホットな話題、ローカル達の愛する場所や、現地で買える食材を活かして作る料理など、知って得するおいしいファミリーフレンドリーなメルボルンを紹介します。