メルボルンのバーガー店巡り・ハンバーガー三昧だった夏休み。

 

ハンバーガー屋さんも一時期と比べたら、ブームも落ち着いてきましたが、
今やハンバーガーといっても、大手チェーン店でさえ、
ビーガン物とかも続々でてきていて、
ハンバーガーはまだまだ人気のようです。

おまけに去年はなぜか職場のクリスマスパーティもハンバーガー屋で、になり、
この夏はハンバーガーを食べる機会がめっちゃ多かったので、
綴っておきたいと思います。

まずは職場でお世話になった、ブランズウィックのハンバーガー人気店、
The B.East。(ザ・ビースト)

ここも、ビーガン、ベジタリアン系バーガーのチョイスがあって、
バーもある、ということで夜はステージショーなんかも催されてました。

酔っ払ってたのか、写真ブレブレ。w
すみません。フィルシーというソースぐだぐだのやつを
頼みましたが、本当にグダグダ過ぎて驚き!

やっぱりこの辺はクラッシックなやつから挑戦すれば
よかったなーーーーー。

ビールやアルコールと一緒にハンバーガーが楽しめるというのが、
嬉しい限り!!!

そういえば、ちょうど裏側にビールのブルワリーもあって、
そっちも気になりました!!

それと久々に行った、グリルド。

おかんと妹、姪っ子甥っ子が来た時に、とりあえず
メルボルン発の食べ物と考えた時に、いいかな、と思って
選びました。

何回か店員さんが声を掛けてきてくれて、子供達用に
ペンを貸してくれたりと、なかなかバーガー屋にしては、
サービス行き届いてるなーと思って好印象でした。

おかん達もみんな美味しい!と喜んでくれてましたが、
なんやかんやと若いスタッフをトレーニングだという名目で
時給が少なかったということで、今揉めてるみたいですね。

元々パートナーシップを組んでいたオーナー二人組が、
色々ゴタゴタしたりもしてましたが、スタッフに払わないとか、
ブラック企業だったとは、ちょっとがっかり。(;_;)

ソース:Grill’d burger chain accused of keeping young workers in underpaid roles through traineeships

というか、元々のこの国のホスピタリティの不平等さは結構闇が深いです。

給料未払いとか(←経験者でもある)、本当人のことどう思ってる?と
ワナワナしちゃいます。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

この闇は本当深そうで、いつこの暗闇トンネル抜け出せるのか、とか
他人事のように思えません。特に若者達の給料とか、今物価高いし、
ちゃんと払ってやれやーと思います。

と、いうことでしばらくこの件が落ち着くまで、
グリルド行かない。

後は、えー?そんなとこにーーーーーーー????
それってどこですか?って言う人多いかもしれませんが、
Laverton(ラバトン)ノースというところに、50’sがテーマのバーガーダイナーがあるらしい。と
聞いて行ってみました。

あのラバトンに?!?!?!?!です。本当。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

遠出した帰りに寄ったんですが、なかなか正統派のダイナーっぽい!w

周りにウェアハウス等のディストリビューターの倉庫や工場が
多いようで、トレーディーの人達も多いんでしょうか、
ボリュームがでかくて驚きました。

それなのに、ちゃんとキッズメニューもあって、
13ドルほどでフルサイズのホットドッグ、
ミルクシェイク、最後はアイスクリーム+ソース選べるが
ついてきて、なんとまー子供に甘いダイナーなんだ。と驚きました。

普段、こういうのはあまり食べないだけに、たまにお店で
ジャンクだけを食べると、よし、明日からまた料理づくり頑張ろう!と
メリハリが付きます。w

わいは一番シンプルなやつ$10ぐらいのやつを試しましたが、
このわいが終わらせるのに必死なほど、大きくて、
フレンチフライは完食出来ずでした。

ちなみに50年代の音楽がバーガーの名前になっています。^^

スーはポーク&フェンネルのバーガーを頼んで、
(後ろにちらっと写ってるやつ)サイドについてくるポテトはワッフルポテトを
選んでいてそれがすんげー美味しかった!!!!!

ポーク&フェンネルバーガー、来た時点で、
すごい重量感で驚きました。

そこまでガッツリ一食を食べるスーとわいではないので、
バーガーを半分ずつシェアして、サイドでチキンとかもあるので、
それを次回は頼んでもいいかなーと思ったぐらいボリュームすごかった。

わいはこの3店行った中ではここの Zuko’s Dinerが一番
家族ビジネス感でアットホームで好き
でした。

こんなエリアに面白いビジネスをやる人達がいるもんだ!

ちなみにこのダイナーの隣に、Kiwi Pacificという、
ニュージーランドのマオリの人達に愛されているっぽいお店があって、
そこのご飯を食べに来ている人達の多かったこと!!!!

何、そんな美味しいの?みんな絶対テイクアウェイで何か頼んで、
外で食べてはりました!!そっちも気になった!!!!
ご飯とチキン、カレー的なものを食べてはった!!!なにー!?!?
マオリの食文化、めっちゃ興味あるので今度はここに行ってみたいと思います。w

シティ、ブランズウィック、ラバトンノースと地域それぞれですが、
美味しいって地域関係なく、結構いろんなところにあるもんだな、と
思わせてくれるメルボルンのハンバーガー事情でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

人生の半分が豪州暮らしの日本人(1児の母)が綴るメルボルンでの暮らし。 メルボルンのホットな話題、ローカル達の愛する場所や、現地で買える食材を活かして作る料理など、知って得するおいしいファミリーフレンドリーなメルボルンを紹介します。