英語学習法・パンくずリスト


グーグルのSEO対策の読み物等で、パンくずリスト
ウンタラカンタラって言ってて、(何やねん、それ。)って
分からなそうなので、後回し・・・って頭の後ろの方に
保存しておきました。

先週末に、んー。帰り道どうすんべ。って話しになったときに、

わい:あーほんならメルウェイ出そか?(うちはまだメルウェイ(地図)も健在)

スー:That’s ok, I will follow the breadcrumbs, see on the navi…
(大丈夫、このナビのパンくずをフォローするわ。)

わい:あーなるほどねー。その青の点々かー。オケ。

って会話した後に、ぬぉーーーぉーーーーー!
パンくずリストってそういうことかーーー!!!って
急にかみなりが落ちたみたいに、理解しました。

日本語でパンくずってそういう風に使わへんやん?

置石リストとかに訳してくれていたら、もうちょっと分かったのにさ??っていう。

要はパンくずリストって、帰り道を示してくれるもの。ってことでしょう?
帰り道が分かるように、パンを少しずつちぎって落としてから
行きました・・・とかってそういうこと。
見やすいディレクトリー(置き場所)表示の一環ってことだ。
めっちゃすっきりしましたー。

しかしパンくずって一般的にはで言わんでしょう?日本語????しつこいけど。
米文化だし余計じゃね?笑 ご飯粒(おべんと)ついてるーとかはよう言うけどさー。

そう考えたら翻訳って、文化と言語が全くをもって噛み合わなくて、
直訳しちゃった。てへぺろ。的なのが一杯見受けられて、
それでしっくり理解できない時とかがあった。

自分が英語ができないからだーと思ってたんだけど、
いや、実は翻訳者のセンスだったんだろうなー多分。
誰にでもわかりやすい訳をつけるのが翻訳者でしょ?だって。

それと似たように、中学、高校の時に習ってた
英語の授業てあれ、一体何???やったん?

未来系過去とか、英文法で習ったそれって日本語の方が難しいやんっていう。
仮定法過去とかなんやねん、それ!っていうのが多くて、
英語を一旦日本語に訳して、それを元に英語を理解する、みたいな。
2回工賃含まれますー。みたいなさ?めっさ悪循環。
今思えば

本当に時間の無駄だったな、と思う。

他の国の英語の授業ってどんなんなんだろう。

 

文法苦手な人はメソッドを変えてみる?

わいは高校時代、米人教師の授業のリスニングは
ほぼ満点で94点とかだったんだけど、日本人の先生が教える
英文法が30点とかそんなアホみたいな点数だったので、
かなり損した。笑

TOEICもリスニングのとこはほぼ満点、
ライティングがその半分、みたいな。笑

結局そんな挫折をしつつ、文法はもう諦めるかー。
なんて軽く思って(てすごいね、この態度今思えば。(;´∀`))、
わいは高校卒業してブリスベンで英語学校に行ったんだけど、
英語で英語を教えてもらった方が、めちゃくちゃ合点がいった!
文法が一気に得意になった!

それで習ったWouldとか、Would have done 〜ほにゃららとか
そういうのは、おかんにそれって仮定法過去やろ?とか言われても、
んーーーーーーー。それって美味しいの?的な勢いです。

なのでー、人それぞれ、脳内で事柄がクリックして、
繋がって初めて理解と呼べる度合いも違うと思うので、
なんかうまくはまんねーなーー・・・と文法で四苦八苦している人や、
日本で今、英文法がちんぷかんぷんで困っている人は、
好きな分野のTEDやyoutube等でリスニングを勉強とか、
英字新聞で読んで勉強、とかの方法で英語を勉強すると良いと思います。

個人的には文法なんて、わざわざ習わなくても
話が聞けたら後からついてくるんじゃね?と思うんだけど。
うちの娘4歳半が実際そうだから、見ててそう思います。

実質、本当に使う英語って人が話す、
喋り言葉だけを繰り返し繰り返し、聞き耳立てて聞いていればいいと思う。
アカデミックとかお受験、そういう英語を勉強したい人は違うけどね。

【火を消す】という単語があるけど、ちょっと報告書のメール的な感じで
使いたいんだったらExtinguishとかだけど、実際の会話で(焚き火とかしてて)
火ー消してーって時に、そんな大層な言葉使ってたら、
(・・・変わった人ね。)的な感じっていうのと同じでさ。

Hey, can you put out the fire??が口語ではナチュラルだとか、
そんな感じの塩梅です。

洋書(ORIGINAL) / English Grammar in Use Book 

価格:3,425円
(2017/7/26 12:29時点)
感想(1件)

英文法苦手だ・・・って思っている人は、
日本での文法授業の方針に合っていないだけかもしれないので、
どうしても乗り越えなきゃいけない場合は、
英語が第一言語の家庭教師とかにケンブリッジ(わいもこれで習った)の
教科書なんかを使って、教えてもらった方が理解できたりするのかもしれません。

語学習得も結局のところピンきりで、永遠に終わりがないのだけれど、
文章も書けるに越したことはないので、書けた方がいいけど、
多分今後20年の間にAIの導入で、そこまでこだわらなくてもいい分野=語学、
かな、とも思っています。

なので、やらなきゃしょうがない人は諦めるとして、笑
やらなくてもいい人は他にやりたいことなんかをやっておいて、
今後のAIの進歩に期待!!笑

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください