まさか自分がここまで毎日一回チェックしたいゲームに
出会えるとは思ってなかったのですが、会えました。w

あつまれ どうぶつの森、略して【あつ森】。

わいはスーパーマリオ全盛期の時代に子供だったので、
スーマリが出た時はもちろん最後までクリアしましたし、
結構〜〜〜長い時間、続けてた記憶があります。

そんな花札時代からニンテンドー贔屓なので(そう、一番最初は花札
作ってたのよ、ニンテンドー。笑)、あつ森はやっぱり
しっくりくるものがあるというか、ルーと二人でやってます。

それに熱中しちゃって、ブログどころじゃなくなってます。笑

一ヶ月ぐらい前のロックダウンに伴って、
3月20日に発売されたので、余計に週末なんかは特に
やることがなかったからか嬉しかったです。

小さい時や今に至るまでゲームをする=時間をダラダラ使ってる、的な
見方をゲーマーではない人にはされると思うのですが、
今は家にいろキャンペーンで、家でどうして楽しく過ごす時代になったので、
大手を振ってゲームにも没頭できるわけです。笑

しかもニンテンドースイッチだと言語選択ができるようになって、
日本語でやることもできる=ルーの日本語の勉強にもなる、ということで、
勢いづいたこともあります。

ニンテンドーのメンバーに加入しないと、オンラインプレイと言って、
友達同士で離れてお互いの島に行ったりすることはできないのですが、
ファミリーで入ることにしました。

わいが一番最初に一緒に始めた時の記念画像。
見た目ちょっとドニーダーコーを思い出させる
わいを不安にさせるうさぎはイースターの時に出てきた特別キャラ。

あつ森は島の特産や、木を切って採れる木材等を使って、
色んな家具等が作れます。

二人同時プレイはリーダー(メインにプレイする人)を変わりながら、
ない材料やツール等を補いあってプレイできるので、ギブ&テイクを学べたり、
とにかく博物館のスケールが凄くて、自分も楽しい!

学校の友達にも会えないし、近づくこともできないけど、
ゲームの仮想空間内なら近くても平気ですよね。w

なんだか悲しい現実ですが、時代を物語ります。

近所に住む同級生のお姉ちゃんなのですが、学年が2つ上で、
クリエイティブな感じでおしゃれさん。
島に遊びに着てくれた時には二人一緒の服とか、髪色にしてました。

自分のないプレゼントもあげあったりしてました。

盛り上がり方が尋常じゃなかったので、やっぱり友達に仮想内でも
会えて嬉しかったんだろうなー・・・。切ない。

わいはというと、この時はたむけん風の出で立ちですが、
ツイッター内で会った人の島に、ほぼ無理やりお邪魔させてもらい、笑
めちゃくちゃグレードの高い島を見せていただき、
なんだこれは?!?!?!の感動場面でした。

温泉入りたいがなーーーー!!!!
明日島が完成予定なのだそうで、また遊びに行かせてもらおうと思います。
ほんますごい。

そんな感じでルーと二人でやってたら、じゃー参加するべか。と
スーも参入。島内に家族3人の家がそれぞれあります。
スーはまだテントだけどね。笑 ガンガレ!

もし、やり始めた方でDYIレシピとかほしい方は、
どうぞご自由に持っていってくださいテーブルをルーが
作っているので、メッセージ下さい。

ご招待します!(ってやってる人もそうそこまでいなさそうですが)

あと、大人でもあつ森やってる方いらしたら、教えてください!^^

 

 

 

 

 

 

2 件のコメント

  • 激しくジェラシー!笑
    Switchさえ持っていないけど、どうぶつの森大好きです。新しいのは、かなり進化していそう楽しそう!
    買ってしまうか…笑!

    • >ともこさん
      前回のは娘はまだレディではなかったみたいで、途中で辞めてしまったんですが、
      今回はちょうどいい感じで、娘のを見てると自分もやりたくなって、にわかですが、
      早速ハマっております。時期も時期だけにちょうど良かったのかも。^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    人生の半分が豪州暮らしの日本人(1児の母)が綴るメルボルンでの暮らし。 メルボルンのホットな話題、ローカル達の愛する場所や、現地で買える食材を活かして作る料理など、知って得するおいしいファミリーフレンドリーなメルボルンを紹介します。