プレップが始まって1ヶ月。仕事と育児の両立を目指してどう動く?

プレップが始まって1ヶ月が経とうとしています。
おとん&おかんが帰ってから、風邪からも復活して、
ようやく元通りに戻った気がします。
よく考えたら凄くリフレッシュできた夏休みだったかも。

そして職場に戻って、自分が自分らしくいられる職場で働ける、というのも
とてもありがたいことだし。これだから遠くても辞められないよなー。
人間関係の良い職場というのは、わいの中での第一必須項目なのかもなー。

そんな感じで仕事もメールでの簡単な本年度の抱負レビューの後、
結局今年も週2日でいくことにしました。

後もう1日ぐらいを近所で仕事できたら
嬉しいかもとも思いつつ、逆にいやいや、今迄の5年間、
お疲れ様と少し自分を労いつつ、もうちょっと本格的な
自分好みのヨガ等に朝に行くのも良いのかなとも思いつつ。

今迄は託児所のある近所のレジャーセンターのボディバランスでしたけどね、
必要だった託児所も、もういらない。そのレジャセンに拘らなければいけない
項目がなくなりました。そう、自由!!

朝送ってからでも、好きなヨガスタジオにも行ける!

まだ見つけれてもいないので、ぼちぼちですね。

(日本語学校も入れたら)週6日でランチを用意するのに慣れるまで、
買い出しは週にどれぐらいとか、職場で野菜ボックス頼んでみようか?とか。
その辺もこれからの12年に向けて、自分仕様に調整する年なのかもな、とも
思っています。

インスタでもランチボックス/お弁当の写真を挙げてる人フォローしまくって、
日々アイデアをいただいています。笑

今年はルーが歩いて学校へ行くので、オフピーク時の車通勤なので、
行き帰りも大体30分ぐらい。1日で約1時間の移動時間

電車+バスだったら1時間半(最低)x2で3時間!
よって、車だと合計2時間ほど時間短縮できることが判明!

・・・。(感無量)

去年の自分、本当頑張ったよ、まじで・・・。
お疲れーーー。(今日は乾杯だな。)

2時間x(週二日)2=4時間
4時間x月8回=32時間

月にしてこれだけの時間を通勤に使うだなんて、
勿体無かったですね。まーでもしゃーないからやってたけど、
月に32時間あったらブログ記事どんだけ書けるか。笑

そして今年からはまた公共交通費代も上がったので、
これはちょっと結構な経費削減にもなるんじゃないかな、とにらみつつ、
これで野菜&果物箱も買って持って帰ってきたら、
一回買い出し行かなくて良いのでは!?とか色々考え中。


買い出しの時間も考えてみたら、結構な時間食うし、
自分の地域のお店を応援したいのでこの辺で買い物をしていますが、
もうこの地域に住んで10年が経つので、全てにおいて飽きてきた、
というのもあります。

今日は同僚のトレーニングの関係で、半年振りぐらい久しぶりの箱詰め作業役。
袋の底にちぎれて溜まりまくってたレタスの葉っぱを再利用で
一袋分とかもらってきたら、ボール一杯に。
MOTTAINAI スピリット!!これが捨てられるなんて勿体無い!

ビクトリア産のオーガニック野菜はやっぱり美味しいし新鮮と再確認!

こうして野菜と触れ合ってると料理アイデアとかも色々湧いてきて、
あれもこれもー料理した〜〜いってなってくるから、不思議です。

料理熱を上げるのに苦労していたこの頃だったので、
良い食材を得る、というのは良い起爆剤なのかも、です!

他にも帰り道にプレストンマーケット寄って帰ろうか、とも思ったりもしつつ。笑
(バスの時は↑のような写真が色々撮れて楽しかったけどね。これはこれで。)
好きなオーガニックショップ寄って帰ってこれたら最強!とか思いつつ、
その辺は駐車スペースの確認を確保してから、かね。笑 ←駐車場があるのかどうか恐怖症。w

後は最寄りエリアで友達とお茶して帰ったりも出来るんだろうか。とか
淡い期待もちょっとしつつ、少しずつ今年一年の、自分への開拓を
また頑張ろうと思います。

 

学校選び

でも本当・・・学校を徒歩圏内で選んで大正解。
通い始めて2週間ほどで本当ひしひし実感しました、これ。

実はトランジッション始まった時に第一希望だった
学校から、「どう?もう学校決めた?空き出たんだけど。」と、
(そりゃーーーーねーーーぜーーーーーーーーー!!)な電話があったので、
めちゃくちゃその一瞬迷ったのですが、そこはチャリで5分か
車で5分の感じのところで、道が狭く駐車場争奪戦が凄い。と聞いていたので、
娘の教育を第一に考え、毎日そこに通わせる、という選択肢が自分の中では
選びきれませんでした。

そして、1ヶ月第二希望だった学校に行かせてみて、
全体的にあ。やっぱここで良かった。と思ってます。
カリキュラム的には第一希望が良かったけど、足りない部分は自分達でも
工夫しつつ、その気に入ったところを家庭でもやる努力をすればいいんだし。

先週は近所のスーパーで「あーあの子プレップの子、とか小学校のお姉ちゃん。」とかが
始まったので、ローカルの学校に行って友達が近所にいる、という大切さも身近に実感中です。

一時期はモンテッソーリやシュタイナーもいいよなーと思ってた
時期もあったし、アートプログラムが良い学校もあったりもするけど、
残念ながらうちの近所にはそういう学校もないので、スーとわいも
送迎で無理が出ない程度に、そして子供は子供らしく、
近所で友達の家を行き来して遊ぶのも良いかな、と最近では
そう思います。

特に一番地元の学校を信じれなくて、どうやって良いコミュニティ作るよ。て話な訳で。

ま、学校だけが人生の全てではない。というのをルーには分かっていただきたいし、
ホリエモンによると、学校なんて社会にとって都合の良い
会社に適合できる大人にする為に通わすところだ。と
書いてあったぐらいで、(この本実際に読んでみたい)
実際わいもその通り!と共感する部分もあるので、
その辺を含め、具体的にこれだ!という案はそこまでまだないけれど、
学校にはあまり期待してません。笑

ホームスクール的な考え方にも興味あるし。
ホリエモンとか、イノベーターの人達の教育論とか読んでみたいな。
落合陽一さんのこの本も最強に良いです!

これからの世界をつくる仲間たちへ [ 落合陽一 ]

2 件のコメント

  • お弁当は4、5年生から自分で準備するのが割とよく聞くパターンです。私の周りだけかもしれないけど。ハイスクール入ったらさすがに子供が自分で作ってないっていうのは遅い空気がありますよ。

    • >めめさん
      おぉーーー!!!!そうなんですねーーー!!!
      そういえば同僚の子供も自分達でやってるって聞きましたが、
      良い習慣ですねー!日本の感覚から高校生ぐらいまで親が用意するのかって思ってました!
      これはちょっと良いこと聞いたなー。笑 そう思うと親が用意するのってほんの一瞬なんですね。
      頑張ろうーーっと。教えてくれてありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.