本当、やっと去年暮れぐらいから、気づけば、はぅーー!こんなところにー!!?
な日本の食材が入ってきていることに気付かされます。

キューピーのゴマドレドレッシングなんかも出てきましたよ!?

…と言いつつ、スーはサラダにドレッシング掛けないし、
わいはドレッシングはシンプルにオリーブオイルと
レモンか↓のアップルサイダービネガー等の酢をかけて塩ぱら。みたいなものが
好きなんでドレッシング買わないんですけどね。(;・∀・)

BRAGGブラグ オーガニックアップルサイダービネガー473ml 16oz お試しサイズ【日本未発売!】オーガニックりんごから生まれた非濾過・非加熱・非低温殺菌のナチュラルりんご酢

でもたまに行った日本食屋さん等で、サラダに既製品のドレッシングが
掛かってると味が濃くて、野菜がなんぼでも食べられる気がして、笑
懐かしい気分に戻ります。^^ ぁあーこういう味だったよね、みたいな。

どうやって調味料買ってる?

メルボルンの物価高がだんだん世界に知れ渡ってきた頃、
日々の生活費の節約の為に、自炊を頑張っていらっしゃる方が
ほとんどだと思います。

メルボルンでは日本の食材も手に入りますが割高!
おまけに同じブランドがあったとしても、実は日本で
生産されていないアジア物が輸入されている場合だってあります。

それがみなさんもご存知のキューピーマヨネーズ。

オーストラリアへはタイ産の物が入ってきています。
マヨなのに卵が入っていない、と聞いたことがあります。
そして肝心の味も、日本のと比べて、舌につーんと一発目にくる酸味が
少ない感じでどちらかといえば、オイリーさの方が際立つ感じ。

そんな感じで、わいの長年のオーストラリア暮らしにおいて、
味はそこまで変わらないアジア物の調味料、というのを
極める価値があるなーと思っていました。

わい調べでは、台湾と韓国物は日本のものと
そこまで違いがない事が分かっており、
財布の塩梅を見てアジア物を買う時もあります。
値段が半額ぐらいの事もあるんですよ!?だって。

そして醤油、キッ◯ーマン(以下:キ)も普通のお店やスーパー等では、
シンガーポール産物だし、別に無理してキを買う事も
馬鹿らしく思えたので、この台湾産が結構オススメ!

キの方は醸造アルコールが入っていることが
書いてあるのですが、わいはこちらの成分表の方がなんとなく、
安心というか、なんというか。

まー麦と砂糖が入っていることによって、同じようなアルコールを
発生させて同じ感じなんだと思いますが、まーこちらの方が潔い。
しかも台湾は食の安全で見れば、アジア界隈の辺りでは一番信頼できるか、な、と。

砂糖と書いてありますが、中国醤油やインドネシアの醤油にあるような、
どろっとした甘い感じの醤油ではなく、さらっとした感じで、キとそう変わりません。

特にこれから、夏が始まるし素麺や出汁等を作る時に使いたい場合は、
どぼどぼ気にせず入れられます。^^

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

そして、穀物酢。韓国産。

リンゴ酢を基本に使ってますが、寿司とかを作る時は
ルー用にしたい時があって、この韓国産のお酢を使っていて、
保存容器に合わせすし酢を作っておくと便利!

すし酢が冷蔵庫にあるだけで、すし飯だけじゃなくて、
ゆで卵とこのお酢、パセリ、玉ねぎなんかを刻んだら、
タルタルソースにもなるし、とにかく便利ですよ。あると本当!


こういう時もチミチミ使いたくないので、
寿司酢作っておくときや、唐辛子酢を作る時もじゃぶじゃぶ使えます。

そして、うちはみりん調味料は使わないので、
料理酒+砂糖がみりん代わりです。

料理酒は中国物。ちょ・・・ちょっとドキドキだけどね。
この紹興酒もアジグロで値段間違ってへん?・・・と思われるほどに
安いんです。$1.95!大丈夫なの・・か・・・と思うんですが、
紹興酒とだけあって、料理にコクが出る感じです。

ずーっと同じものを使うことは家ではしないので、
この紹興酒か、みーちゅと呼ばれる米酒の中国料理酒を
行ったり来たりしながら使っています。

後、一番むずかしいなーーーーーと思うのが、
オイスターソース。当たりとハズレの多さにビビります!

一番日本のに近いかなーと納得しているやつは、
やっぱり中国のプレミアム!的に書いてあるもの。
それはやっぱり高くて9ドルぐらいするんですよね。

うちでは最近、そこまで毎日のように使うこともなく、
こないだ開けてみたら、中にカビが生えていたので、ガビーン・・・。(´;ω;`)

あの、使おう!と思った時に、ないっ!!ってなったら、
めっちゃ(´・ω・`)ガックリきません?!?!!?
ぬぉー。て叫んだわ。思わず。

で、前置きなげーなー、ですが、
タイ産のこのオイスターソース、瓶がめっちゃデカイんだけど、
値段もタイ産だけとあって、お手頃にさくっと買える値段。
まーキューピーもタイ産だしね、最近?ということで。
これはでも律儀にちゃんとタイ風な値段なので、一票あげたい!!!!

確かこの大瓶で3ドルとかそんなやったかな。

難点を言うと、若干、牡蠣エキスの方が少ない感じで、カラメル色素や、
砂糖が多そうなんだけど、ちょっとタイの炒め物っぽく仕上がるので、
買ってしまうやつ。笑

ま、気軽にオイスター風ソース風味を楽しみたい時に
良いかな、と家では最近これです。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください