メルボルンはシドニーやブリスベンと違って、空港までの電車がまだないので、
タクシーか自家用車、あるいはスカイバス等で空港まで行くことになる事が
多いと思います。

公共交通機関のバスでも行けないことはないですが、
バジェットタイプの人か、最寄りに住んでいる人に限られてくると思います。

2019年・改訂版として新たに使ったサービスを書いておきます。

空港までどうやっていく?

source: https://www.ptv.vic.gov.au/more/travelling-on-the-network/visiting-melbourne-and-victoria/airport-buses/#Services%20to%20and%20from%20Melbourne%20Airport%20(MEL)

バスに関して言えば、一番本数もそこそこあって、メジャーなのが、
ブロードメドー駅から出ているバス(901)。

他にもエアポートウェストショッピングセンターから、経由地を介しながら
478,479,482の3本があり、この近くに住んでいて荷物もバックパック等、
身軽に行けるような人だったら、2時間制の$4.40でいけます。
超破格値ですね。

実際に日豪友達カップルで(両方フルタイムで働いている)、
利用している人もいたので、バス行きもありなんだと思います。
今は子供が生まれたので、ないとは思うけど。(;・∀・)

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

Uber?

Uberは試したことがないんですが、
7歳以下の子連れだと、ブースターが必要なので、
予約の際に子供用にブースターをリクエストできるらしいですが、
有料なのかな?

自動車免許を持っていない友達は、毎回Uberに乗る時に、
ブースターを持ち運びしていました。

でも旅行の時にまでブースターを持ち運べないし。

ルーが7歳を超えたらひょっとしたらデビューするかもですが、
今の所この問題があるので、Uberには至っていません。

タクシー?スカイバス?

タクシーはブースターなしでも子供を膝の上に乗せて、
親はシートベルトでもいい法律のようですが、住んでいる地域によっては、
距離によって値段も高いし、スカイバスは一度シティまで出なくてはいけないので、却下。

タクシーの予想運賃計算等もあるので、そちらでまずタクシー料金を
チェックします。

melbourne taxi fare estimatorなどとグーグルで検索したら出てきます。

・・・ということでやっぱり自家用車

消去法で結局は自家用車がdoor to door で便利か・・・。

になるわけなんですが、空港横の駐車場はかなり値段が高く、
以前ほど庶民派ではなくなって前割りサービスを使っても
結構な額を取られるので、利用するのも尺で却下。笑

以前使った、空港付近駐車サービスを利用するのが
やっぱり一番安くいけることが判明しました。
ネットで見てると今は色んな会社があるみたいですね。

↓↓↓ 2018年に使ったサービス・ビジービーバー ↓↓↓

子連れ家族によるメルボルン空港までの自己ベスト最安値更新!の巻

こちらで車を持っている人はほとんどの人が RACV(日本のJAFのようなもの)に
加盟していると思うのですが、意外なメンバーディスカウントが
あったりするので、節約したい方は活用するといいと思います。
といっても、2割とかそんなだけど。(;・∀・)

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

この空港周辺駐車場も何社かRACVと提携していて、今回、メンバーディスカウントで
一番安かったところが、この Easy Airpot Parking でした。
前回のビジービーバーは今回高かったので儲かってんのかね?!w

元々はヨーロッパカー(レンタカー会社)があった場所のようです。

今回の旅では1週間。外駐車でいいよね、と外を選んでみましたが、
そこまでRACVメンバー割引もこの$63も大してそう変わらなかったので、
メンバーでもない人でも利用できると思います。

車を停めて中の人に名前を告げるとバスを手配してくれます。
鍵も預けます。今回は行く時間が中途半端な時間だったからか、
「10分後にシャトルバス来るよ。」と10分待ちになりました。

シャトルバスは隣のアトラスというレンターカー屋と共同運行のようです。
いきなり壁のドアが開いて、隣からやってきた人がいて驚いた。w

帰ってきてから

検疫申告があったので、ひょっとしたらスーツケースを
開ける必要があることも考えて、それも全部終わってから、
もらった名刺の番号に電話すると10分後にシャトルバスが迎えに来てくれます。
(茶色いピックアップゾーン)

なんやかんや、荷物押しながら歩いていて乗り場に着いたらすぐに来たので、
これまた問題なしでした。空港から近いので、10分もしない内に戻ってきて、
チェックアウト手続きをして、帰途につきました。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

まとめ

ルーが7歳になってブースター等がいらなくなるまでは、
この空港周辺駐車場サービスを利用すると思います。

今のところ2022年(長っ!!・・・といっても、後3年か。)
20年代という響きが遠い未来のように感じてしまいますが、
2022年には電車で空港に行けることを夢見ています。w



Booking.com

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

人生の半分が豪州暮らしの日本人(1児の母)が綴るメルボルンでの暮らし。 メルボルンのホットな話題、ローカル達の愛する場所や、現地で買える食材を活かして作る料理など、知って得するおいしいファミリーフレンドリーなメルボルンを紹介します。