Aesop(イソップ)の新作・ヒュイルを普段使いの香りに

AesopのオードパルファムのHwylを紹介します!

好きなブランドならなおさら、新しい香りをチェックしておきたいもの。
メルボルン発だし、事務所がまだノースメルボルンにあった頃から、
高いなー・・・。けど、香りが好きだなーとちょこちょこ買っていました。
当時はなんとなく憧れのコスメだったなー。

人生色々くんくんしてきた中で、笑 自分と一番香りの
趣味があっているなーと思うのがAesop。

自分の好みと合うのかどうかは、ぜひとも抑えておきたいですよね。
私も【香りや匂い】という嗅覚をくすぐるものが大好きなので、
できる限り、実際につけてみて感じた自分の拙い感覚で表現したいと思います。




どんな人におすすめか

ユニセックス(男女兼用)で使えますね、これは。^^
パートナーと一緒につけてみるのも良いのかもしれません。

自分用に買いましたが、スー(夫)がつけてるところを想像してみましたが、
それでもしっくりくる印象をもちました。

重力を感じさせないスモーキーノートで始まり、コクのあるスパイスの香りと
深緑のテクスチャーへと香りが降りていきます。

フランス人調香師のバーナベ・フィリオンとのコラボレーションにより
完成されたヒュイルは、ヒバの木と苔が波のように
起伏する日本の苔寺の庭からインスピレーションを受けています。

Aesop ー ヒュイル オードパルファム より抜粋

個人的には甘すぎず、ウッディー、フランキンセンスや、
スモーキーな香りのレンジが多いのがとても好きで、
いつもは同じAesopのモロッコ風な香りのマラケシュを愛用していますが、
今回新しく日本の古代の森をイメージした、香水が出た!とメルマガが来て、
お店で嗅がせてもらったら、即買いでした!笑

 

肝心の読み方は??

買う時に、な、、なんて読むの??と困りましたが、
ごめんーー!!読み方わかんないーーーとお姉さんに聞くと、
ヒュイルと教えてくれました。

食べ物もコスメも目指すは地産地消。
メルボルンに住んで、メルボルン発の会社の香水がつけられるなんて、
よく考えたら、贅沢なお話。^^

特に香水は普段はシュっとしてもらって、考えてから買うタイプで、
衝動買いはしないんですが、これは別だったなー。

イソップのフレグランス、ヒュイル オードパルファムは、
日本古代の森の新緑と静寂が合わさった香りです。

つけ心地


古代の日本の森の香りと言うだけあって、つけていると、
子供の頃に連れて行ってもらった温泉宿の温泉の桧風呂と
硫黄の混じったイメージがもくもくと湧いてきたりして、
不思議な感覚が蘇ります。

桧がトップで香ってくるから余計にそう思うんだと思いますが、
少しホームシックになってきます。(;´∀`)

ちょっと前にはギャルソンの炭の香りのやつも好きだったりしたんですが、
どうやら、ユニセックスに限るようです。わいの場合。笑

COMME des GARCONS parfums PARFUMS WONDERWOOD (50ml) 

一時期迷ったけど、買い、というまでは行かなかった。

けど、今回のヒュイルは別。もろに好みでした。
Aesopのお姉さんも即買いすぎてビビってはりました。
後々、フランキンセンスも香ってきて、樹木や苔、そんな香りです。

まとめ & 現地のヒュイルの値段は?

自分用の物は普段消耗品しか買わないし、40歳になって、
本当に欲しいもの&好きなものだけを消費して、
そういうお気に入りのものと、これからを一緒に暮らしたいな、と思います。

そんな風に少しぴりっと気持ちも引き締まる香りです。
良いお買い物ができました。

日本円高の関係もあって(2019年9月現在)
メルボルン/オーストラリアでだと若干日本で買うより安いです。
日本での価格が13392円、メルボルンでの値段が$140なので、
現在1ドル70円で計算したら3500円ほど!お得に買えると思います。

特に海外通貨レートが一番良い、クレジットカード払いが
一番お得に買えるのかもしれません。(一括のみで回数は?とか
そういう事は一切聞かれませんので、お気をつけて)

他に使ってみたい製品があれば、試供品をリクエストできるので、
どんどんリクエストしてみることをオススメします!

以前はマラケシュのロールオンタイプも使っていました。
このサイズだと化粧ポーチにさっとしまえて持ち運び簡単なので、
愛用していました!

イソップ レスレクション ハンドバーム 75ml

ハンドクリームも香りが少しきついですが、
ローカルに愛される定番のプレゼントです。

 

 

2 件のコメント

    • >kmkh
      i knowwwwww…. i bought it almost like an impulse buying! lol
      which is a quite rare occasion for me too!

      you must buy it!!
      you will feel like being in deep forest somewhere in japan.

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    人生の半分が豪州暮らしの日本人(1児の母)が綴るメルボルンでの暮らし。 メルボルンのホットな話題、ローカル達の愛する場所や、現地で買える食材を活かして作る料理など、知って得するおいしいファミリーフレンドリーなメルボルンを紹介します。