7歳児と行く初めてのアデレード旅行!

アデレードにはここ5年ぐらいずーっと行きたいなーと
思っていたので、念願やっと叶って嬉しす♡

というのも、たまたまタイガーエアがセールをやっていたので、
スーが衝動買いをしておいてくれました。

とりあえず、前菜的な感覚で2泊3日。

初!ということでやることは街中だと所詮王道な事しか
しないだろうという事と+街でフリンジフェスティバルが
真っ最中ということで、一番メインのランドルモールからも
近い場所を選びました。

ランドルモールはメルボルンで言うバークストリートみたいなもので
歩行者天国(1ブロックのみ)の目抜き通り。

豪州国内どこでもある店の立ち並ぶ中に、
アーケードがあったりして街の作りはメルボルンと
変わらないんだなーと感じます。

map: Googleより

キングウィリアムズstをまたぐと、
Hindley (ヒンドリー) st 。その辺りはもう少し雑多な感じで、
大人のお店とかあったり、笑 メルボルンの
スミス ストリート的な雰囲気で、ご飯どころ等が色々並んでいます。
(Politesと書いた看板が山程あったんだけど、何なのあれ???笑)

逆にその反対側、Frome st からEast Terraceまでの
Rundle (ランドル) st はいささか小綺麗でおしゃれな感じで、
メルボルンのサウスヤラ的な雰囲気を感じました。

そしてランドルモールと平行して、その上にノーステラスがあり、
その辺りに図書館、アートギャラリー、ミュージアムや、
ボタニックガーデン等が全部集まっています。

絶対行くだろうし、こういうとこ。ということで選んだのが、
プルトニーstにある、

マンションズ オン プルトニー(bookinc.comに飛びます)

そしてここにしてよかったなーと思ったのは、
無料のループバス&トラムを捕まえられるストップに徒歩2分とかだったので、
ここは最強伝説でした!

(後でもう少し詳しく書きます。)

裏にこんなモダンなハイテクドリアン的デザインのビルが
建っていてコントラストすげーなーと思わざるを得ないのですが、
マンションズ オン プルトニー頑張っております。w

なんか映画、UPを思い出したわ。

こんな感じ。w

レジデンシャルでここに住んでいる人達もいるようでした。

地上部分にはタイ料理屋さんが入っていて、通る度に
毎回おいしそうなにんにくの香りが漂ってきて、
お腹空きました。笑

その奥にも小さなカフェや、床屋さん等、
ちょっと買いたい時に便利な小さな個人経営のお店が
ちょろちょろ並んでいました。

(大学が目の前だからかね。)

入ると、あー表だけが古い感じじゃなくて、中も古目なのかーと
若干がっかりしましたが、天井が高くて広々して開放感あります。

なんでこの色をインテリアに選んだかね・・・

古いタイプなので、全部普通〜の超ベーシックタイプ。
アメニティも超普通〜。しかもシャンプー&リンスとかも一つのみ。
エコ対策なんでしょうか。

歴史のある古めかしい建物なので、やはり屋内は暗いです。

だからカーテンを開けたら、見えるのはオフィスの窓。
月曜日の朝はオフィスから室内が丸見えになる感じだったので、
カーテンを締めておくと、かなり暗い感じに。😰

まーわいらは寝る所だけと割り切れる人達ですが、
きれいなホテルが好きな人には物足りないかもです。

でも、冷蔵庫、電気ケトル、トースター、電子レンジ、
コンロ等アパートメントタイプで全て揃っているので、
設備が整っていて広々としたキッチンだったので、便利でした。

市場で材料買ってホテルで食べたいとかの人でも大丈夫な広さ!

ロケーション命!で選んだので、その辺は大満足ですかね。



Booking.com

アデレードは小さい街なので、シティ内だけなら
無料のトラムとバスで
十分に動けると思います!

旅行者に人気のグレネルグビーチにもトラムで行けるみたいですしね。
(これは有料)

では、無料のループバス&トラムについて紹介してみます!

 

無料のループバスを利用しよう!

photo: Adelaide Metro – cityより

この赤枠で囲んである部分は、無料のバスがシティを
ぐるーっと回る感じで走っています。

わいらがよく利用したのは98A と、98C(週末だけ)。

Aはアンティクロックワイズ(反時計回り)、
Cはクロックワイズ(時計回り)ということを意味していて、
どこに行きたいかによって、AかCかを見極めます。

99路線は平日なら98路線と共に利用もできますが、
週末なら98路線だけなので、時間配分には要注意です。

近場で降りて少し歩くとかでも、アデレードCBD小さいので、
余裕で1ブロックぐらいを5分ぐらいで歩ける距離です。
(7歳児連れ)

今回は日にちが合わずに行けなかった、最大の悲しみ、笑
セントラル・マーケットとアジア飯街のGrote stにも
このバスで行けるので、次回にまた利用したいと思います!
(自分用の覚書)

もしまた同じところに泊まる場合で、セントラルマーケットまで
行く感じだと、98Aの逆周りに乗った方が近いでしょうね。

区間マップの詳しくはこちらをみてみてください。

Adelaide Metro – city network pdf(pdfで開きます)

 

アデレードにも無料トラムゾーンがある!

そして、なんと、最終日に気づいた無料トラムの件。笑
(ロンリープラネットにも乗っておらず!)
だから歩数がすごいことになったのね。
ルーも頑張ってよく歩きました。笑

なので、行かれる方はわいらの分までじゃんじゃん利用してきてください!

アデレードの無料トラム&バスシステムはかゆいところに手が届くタイプの
旅行者には超絶優秀タイプなので利用しない手はありません!

メルボルンだと、なぜかNGVとかミュージアム一個手前で降りないと、
フリートラムゾーンを抜けて有料になってしまうからです!

そういう意味では無料バスループ間とフリートラムゾーン内で
ホテルを探せば、アデレード初旅行者には間違いないでしょう!

おまけにトラムは全てバリアフリータイプなので、その辺も
ベビーカー/車椅子を持ち上げて乗せたりしなくても全然大丈夫で、
すいすいトラムに乗れちゃいます!!

 

アデレード攻略法まとめ

結局わいらは滞在2日中、シティ内移動はこの
無料バス&トラムで過ごしました。
なので、公共交通機関費が浮いた!

なのでその分、行き帰りは空港までタクシー を使いました。
空港からCBD内移動は20分程度(ラッシュ時にもよる)で$25−$35程度
大人3人分だと余裕でタクシーで十分元が取れると思います。

タクシーの運ちゃんいわく、みんな空港近くのIKEAに車を停めて、
空港のお迎えに行ったりするそうです。笑 うまいなー!

もしフリーゾーンを超えるところまで出かけるのであれば、
一回のみのチケットがトラム内で買えるみたいで、
この辺も旅行者には優しいサウスオーストラリア州政府に感謝感謝ですよね。

マイキカードを$6出して買わなあかんとか、終ってるよな、ビクトリア州。
ビクトリア州は旅行者にいけずなのか?と思ったりしましたよ。

チケットや値段についてはこちらを見てみてください。

Adelaide Metro – Tickets & Fares

そして、ギャラリー、ミュージアム、ボタニックガーデン等が
気になる人はマンションズオンプルトニーが便利です!
(寝るだけだから、と割り切れるインテリアとかあまり気にならない人用)

Booking.comには駐車場ありと書いてありますが、
レンタカーをする場合は正面にある民間の駐車場に
停めることになり、一日$25払う必要があります。(ホテル割引にはなっているそうですが。)
この辺の事は一日わいらもレンタカー借りたので、
$25払わなくても済む方法を後ほど書きます。

アデレード滞在編に続きます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

人生の半分が豪州暮らしの日本人(1児の母)が綴るメルボルンでの暮らし。 メルボルンのホットな話題、ローカル達の愛する場所や、現地で買える食材を活かして作る料理など、知って得するおいしいファミリーフレンドリーなメルボルンを紹介します。