夏だ!ビールだ!フッツクレイのクラフトビール屋さんに行って来たよ

やっとこさ、新しい色のソルトウォーターサンダルが履けるような季節に
なりました!!!薄いソールとは裏腹に意外に歩きやすいので、
今年はタンというベーシックな色を買ってみました。

SALT WATER SANDALS ソルトウォーターサンダル SWIMMER スイマー 

↑この赤いのはここ数年履いていて、本当は黄色とも迷ったんですが、
少し落ち着いた色のサンダルを持っていないので、無難に行ってみました。
もう少しこれからこういう茶色に合う服の色も着たいなー。

 

さて、そんな訳でビールが旨い!!季節がやってきました!

そして、前回のコリングウッドのローカルビールに加えて、
何やらフッツクレイにも美味しいビールがあるらしい、と聞いて、
ブルワリー(醸造所)に行ってみました!

誕生日会でクラフトビールのブルワリー/ホールに行って来たよ。

え???こんなところに!?!??!な場所にあります、
ホップネーション(お店のHPに飛びます)

オセアニアシーフードもあるウェアハウス一体エリアに
ホップネーションがありました。おぉー。

川沿いにあって、川側からもアクセスができるので、
ワンコの散歩に行って、ここで一杯引っ掛けて帰る系の人達がわんさか!!!

タップ(生ビール)で飲めるビールのメニュー。
8種類あって、アルコール度数もきちんと表記があります。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

ウェアハウスそのまま、バーンと開放!!!!

一階席は一杯だったので、上の二階席に上がりました。
全部見えるー。けど、埃一杯だけど、大丈夫かーーーな勢い。。。

後々帰り道話してたら、スー的にはこの好きにやってくれ、的な
この感じが気に入らなかったらしいです。笑


お客さんを出迎える感じの店内でもないし、もう少し椅子だって
拘ってほしかったみたいな日本人的な厳しいコメント。
(ちなみに椅子はパレットを組み合わせた簡易なものー二階席)
わいは、全然平気だったんですけどね。
ヒップスターすぎて嫌だ。みたいな。笑

ま、でもとりあえずは味っしょ。と
試飲してみたかったので、お兄さんにオススメを聞いてみました。
最近、個人的にIPAはホップの香りや苦味がきつすぎて苦手なものが
多い事が判明したので、笑 飲みやすいIPAなら飲むけど、と伝えたら、
このセレクションに。

6− 抹茶 WEIZEN
2− マンゴービール
4− アメリカンIPA THE CHOP
5− アメリカンペールエール

抹茶とマンゴーは見た瞬間面白そう!と興味があってリクエスト。
4,5はお兄さんが選んでくれた感じです。

抹茶は、んーーーーーーーーーー抹茶の風味あるかなーーーーーーーーー、、、と
頭の遠いところで感じる程度でした。(;・∀・)

しかし、このマンゴービール、、、
わい、大概まずいご飯とか飲み物とか最後まで飲めるんですが、
これ、わいには無理でした。ってか、酸味キツすぎ!!!!飲めない!!!

マイクロブルワリーでチャレンジするのは良いですが、
これは、かんなり好き嫌いが分かれるでしょうね、マンゴービール。
アメリカンIPAはマイルドな感じで、苦味も少ないし、
飲みやすかったけど、ペールエールは王道で、わい多分一番好き。

抹茶とペールエールが美味しかったかなー。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

で、どうよ?肝心のまた飲みたい???

…どうだろう。
これがお店で売られていたらわざわざ買うか?と
言われれば謎ですかね。まー資金のやりくりとか色々あって、
マイクロ系のブルワリーを経営するのは難しいの分かるんですが、
あえてここのビール飲みたい!とは思わないかなー。。。

隠れ家的なブルワリーなので、近所の人が散歩的にぷらっと行って、
一杯生ビール飲んで帰る的にはいいのかもしれないですね。
フッツクレイアートセンターも近いので、今度また行く機会があったら、
もう一度リベンジしてみようかな。

この日はちょっと寒かったし、熱い日に飲んだら
また違うかもしれないし。

まーでもよくよく考えたら、スーの言ってる事も分かります。
というのも、コリングウッドのストンピンググラウンドの方は
子どもたちが遊べるエリアもあって、親もある程度リラックスできる
雰囲気作りがとても上手でした。

そして百歩譲って、フッツクレイという地域柄、
特にこのブルワリーのある辺は子供を持つ人達がそこまで多くないから、
わざわざそうして子供用のエリアを設けなくても、という感じなんでしょうね。
子連れも確かにわいらだけでしたしね。

そういう場所は最近スーも若者のエリアと認識しているようで、
子供側の目線で物事を見始めているので、面白いなーと思ってました。
昔はそんな事言わなかったのに。ふふ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です