大事な人には常に自分の気持ちは告げておこう。

わいらがニューカレドニアに行っている間に、
スーの家族と親しいおじさんが、急に亡くなった。と
帰ってきてから連絡を受けた。

日本へのクルーズから帰ってきて、翌日に
家で倒れて、救急車で運ばれてそのまま帰らぬ人に。

まさにピンピンコロリ。が当てはまるおじさんで、
年に2回ほどは勢力的に奥さんと旅行に出かけては、
スーママ達に旅先からメール等、写真を送ってきていたらしく、
わいもスーも家族一同ショッキングな事実だ。

このピンピンコロリ
大阪では死ぬ事までもがネタになってしまうような、
雰囲気は否めないが、まー最期までみんなにネタにしてもらったら、
大阪人だとちょっとおいしいかな、と思うのかもしれない。

わいも自分のお葬式とかの時は、みんなの笑顔で見送ってもらいたい。
人生生きていれば辛いこともあるけど、それはいつかネタになる時が来る。
と強く信じているから。

「そりゃーぁーせやんかーあんたぁ、ピンピンコロリやんかぃさー。」と言うような
わいを最後、思い出してほしいかな。

関西一園でよく使われるピンピンコロリ。
いわゆる理想的な死に方、という感じで
ピンピンと元気に生きて、コロリ。(さっと)逝く。
なのだが、急にコロリ。と来られても、実は
家族にはとてもショックが大きい。

あの元気なおっちゃんが・・・・。と訃報を
聞いた時はショックだったのだが、何よりも強く感じたのが、
もし自分がそうなった時に、もっと家族や色んな人に
「ありがとう。」と言っておけばよかった・・・。とか
スーとも毎夜iPad画面ばかりを見ずに、もっと色んな話しておけばよかった、とか
そう思うに違いない。と思ったので、これからどんどん感謝の気持ちや、
思ったことを伝えておこうと、
このおっちゃんのピンピンコロリ。で思った。

会う度に明るく、わいにも冗談ばかりかましていた
少し大阪人っぽい感じのおっちゃんで、
随分長く会っていなかったのだが、何だか最後に
大事な事を教えてもらった気がする。

ギャリーさん、安らかに。

2 件のコメント

    • >あきこさん
      究極の話では、隣で寝ていて朝になっても
      そのまま起きなかった・・・という人もいるようです。

      人の寿命て分かっていたら後3日なので!これしてあれして、
      ここ行ってここ見て、あれ食べて、とかできるのになーと
      毎回思います。。。

      むぎの歌って初めて聞きました。有名なんですか???
      結構重要な内容の歌詞をさらっとポップに歌い上げるむぎさん、凄い!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です