チキンナゲットみたいなプロテインバーガー

手作り味噌を作った時に、アホな計算ミスで大豆を思いっきり
水で戻してしまったので、大豆を思いっきり消費する羽目になりました。とほほ。

【関連記事】 2017年手作り味噌 覚書 

でも、大丈夫!!!

大豆と少し余っていた豆腐、鶏ミンチ、玉ねぎ、
生姜、醤油少量、塩、酒少量を合わせてナゲットみたいなものを作りました。
大豆はハンドブレンダーでなめらかになるまで潰して、
鶏ミンチと玉ねぎ等を混ぜこんで成形、オーブンで焼いただけ。

この時はご飯が食べたかったので、それに合うように、
照り焼きソースのようなものを作って、その週の週末は
ハンバーガーのように、パンに入れて食べました。
後は冷凍。

 

プロテインの塊バーガー

植物性蛋白質が豊富な大豆ですし、鶏ミンチもタンパク質豊富で
プロテインバーガーと名付けました。笑

わい的には本当は酢大豆とかが食べたい気分だったのですが、
こうするとルーも食べやすいかなーという感じで、
作りました。

実際にもう少し小さく丸めれば、お弁当にも入れられるでしょうし、
(多分可愛いピンで挿して団子風にするとかね、喜びそう。)
個人的には甘酢あんとも合うんじゃないかなーと。
酢豚の豚の変わりにこれでもいけそうです。

とにかく幼児はバサバサ系の食べ物嫌いですし、
とろみをつけると食べるものとかもあるので、
あんかけもいいですね。

コスパのいい大豆

オーストラリアの大豆について書いておくと、
日本の物より形はいびつなのも入ってるし、
われ豆もあるし、日本のより扱いが雑なのかもしれませんが、
オーストラリア産のオーガニック大豆でも$4〜/㌔ぐらいで変えますしね。

基本、茹でると2.3倍ほどに膨らむらしいので、そう考えると、
こういうバーガーのベースにするのは、節約にもなりそうです。
1kg4ドルでは肉絶対買えないしね。

混ぜ込んでいる鶏ミンチも牛肉ほどそう高くもないので、
混ぜることで、お互いの良さが引き立って、ふっくらと仕上がって、
このソイバーガーは良いです。

「チキンはたまに食べる。」というベジタリアンもいるぐらいですので、
赤肉のハンバーグ系より、意外に使えそうでメルボルンでは
重宝しそうです。

最近はヒンズー/イスラム/ユダヤ教の人達がいるところに
(いわゆる職場。笑)ソイバーガーを持って行く時は、
特にハラルの鶏ミンチだと、安心して食べてもらえます。

ベジタリアン用には同じ大豆+豆腐を入れてですかね。
大豆過ぎるやないかぃって組み合わせですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です