癒されに鍼&お灸&リンパマッサージに行って来た

久々の休みで所要も兼ねていつもお世話になっている

ちゅうどうオーストラリアのよしえさんの日本鍼とお灸、

リンパのマッサージに出掛けてきました。

 

久々の電車で車内では携帯を観る癖がついてしまっています。

別に情報を欲しているわけでもないのに、ツイッターなんかを見てしまう。

 

昔は「TVの見過ぎはアホになる。」と言われつつ、今のご時世、

自分の意思で【見たい!】と思って借りてきた料理番組やDVDとかは、

新しい料理を作ろうとする意欲を沸かすから、逆に教育的でいいんじゃないか、と、

思い始めました。

 

個人用端末ではなく、チャンネル争いをするぐらいTVに回帰するのも

悪くないのかもなーーー。懐かしい時代だ。

 

本来、わいは今日リンパマッサージに興味があったのですが、

よしえさんが「皮膚がまだつまめるから、リンパマッサージしなくてもいいんじゃないかな。」

とのことで、いつもの鍼とリンパが軽く詰まってるところは、

流してもらう感じのセッションにしてもらいました。

 

皮膚がつまめないほど、パンパンに張っているような感じの人は

リンパマッサージがオススメだそうですよ。

で、1時間のセッションで、きっと今自分が悪いだろうなーと

思っている不安事項をドンピシャでついてくるよしえさん。

家の中にカメラついてたんじゃないか、と疑うぐらい。

「あれ?なんか右手の親指の付け根が内側に行って、る、????」と言われ、

ズキューンー。(・・・。携帯右手で持ってスクロールよくしてます。)

 

「んーーーーー。なんか顎が前に突き出てる感じ、、かな???」

ズキューン2。(あー。携帯持って下向いてます。)

「喉元や頭、首がガチガチ。ゆるめて、伸ばして調整しましょう。」

わいの場合、この僧帽筋辺りが凝りやすくて、毎回鍼でほぐしてもらってから、

指圧+リンパドレナージュ的に軽く流してもらって、調整してもらいます。

この部位はどうしてもヨガしても、自分ではほぐしきれないところがあるので、

人に頼むのが一番!触るだけでここ数ヶ月、どういう風に過ごしていたか、等も

分かるみたい。すげー。

 

この図を見てもわかるように、肩こりといっても、ここのしなやかさがないと、

肩周辺の凝り改善は見られないし、おまけに僧帽筋は

首元前面にもつながっているので、首のたるみにも繋がってきます。

脇の下も詰まっていたようです。

 

よしえさんの考え方では、脂肪が上に乗ってきすぎると、

その影響で筋肉を圧迫してしなやかさがなくなり、それでコリ等が起こる。

のだそうで、確かにその、そこそこ!の部位を摘まれている時(そういう風に感じる)は

少し分厚い皮膚の感覚があるのですが、ほぐれてくると、

段々感覚が骨身に近づいてくるというか、なんかわいって実は骨と皮だけじゃない?的な

感じ方に変わってきます。これが毎回本当不思議なんだよね。

 

多分人それぞれの弱い部分に合わせて色々組み合わせて施術してくれるので、

それもとてもいいところ。オートクチュール鍼みたいな感じですね。

お灸、日本鍼、指圧、リンパ、全部混みで身体を見てくれますよー。

ロルファーのけいちゃんにオススメされて、それで行ってみてよかったので、

友達にも薦めたら、みんなよしえさんのところに行き始めたという。笑

一人の友達は「あれは魔術だね。」と言ってたほど。笑

 

よしえさんの日本鍼はぶすっと刺すようなものとは違って、

(中国鍼と日本鍼というのがあるんですよ)

ちょっぴりちくっとするなーぐらいの感覚で、鍼怖い。の人でも

大丈夫で、本当にオススメです。予約が取りにくくなるから、

あんまり本当は公開したくないけど、それでもやっぱりいいので、

情報シェアしておきます。^^

 

■ chudo australia

The Block Arcade, Suite 304, 282 Collins St

Lift 1で3階まで上がります。(有名なホープタウンのお茶屋の前にあります)

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です