簡単な豚丼ディナー 30分で仕上げる!

アジグロのおばちゃんが暇すぎて、鼻ほじりそうな勢いだったので、

「豚肉、ホットポット用に薄切り(Paper thin)にカットしてほしいんだけど?」と

言うと「いいよー。いかほどほしいの?」と快くオッケーしてくれました。

鼻ほじりそうなぐらい暇な時を見計らうとイケるんだな、という薄切りしてもらえる

可能性が上がる塩梅を発見!笑

 

ALDIのブルコギの厚さも、まーメルボルン生活だししゃーないかーと

妥協できるほどになったので、アジグロでのスライスもきっと妥協できるだろう、と。

こちらのオージー系肉屋で豚肉を買うと、獣臭い時がすごくあるけど、

(多分雄ブタなんだと思う)ここのアジグロの豚肉は臭いと感じたことがないので、行きつけ。

 

わいは丼なら30分ぐらいが平均的になってきました。

作る手順ですが一番時間の掛かるものから、取り掛かりましょう

この日は炊飯が一番時間がかかります。30分。

この時に味噌汁分の水をお鍋に沸かしておきます。

 

その後、豚はにんにくとしょうが、ナンプラー、砂糖で下味をつけておき、焼きます。

 

わいの場合、肉は(まだもうちょっと炒めないとなー)と赤身が

少し残るぐらいで炒めたら一旦火を停めておきます。そして、

味噌汁用のお湯が湧いたらその湯で、ブロッコリーやら茹で野菜を準備、

茹だった野菜を取り出して、次に用意しておいた味噌汁の具を入れてそのままぐつぐつ、

ソースに取り掛かります。

 

焼きあがった豚肉にSTAFFランチにケールの白雪サラダを作ってあったので、

その余りを取っておいたものと合わせました。この横サラダがなかったら、

レタスやキャベツ千切りとかだけでもいいし、葉物野菜は積極的に食べた方

将来の自分への自己投資になるので、一品足してさっぱりと肉系丼を食べてみましょう。

 

上にかかっているオレンジ色のソースですが、

タヒニ(練りごま)+オレンジジュース(半個分)、醤油を合わせたものです。

オレンジの甘さ次第で、砂糖を少し足したりもしますが、

豚+果物は西洋文化では王道の組み合わせ。

 

日本だとしゃぶしゃぶのゴマダレがあって、それも美味しいので、

両方入れちゃえ。と練りごまと果物を合わせたソースをよく豚肉に使っています。

ひと味違った感じで美味しいんですよ。ソースはね、なんでも良いんですよ。

マヨとチリ混ぜてみたり、わいは結構さらっとしたソースに仕上げたい事が

多いので、水やら豆乳、果汁等、液体を足したりすることが多いです。

 

まとめると、、

 

 

①ご飯を炊く、その足で味噌汁用の湯を沸かす

②肉の下味付け、湯で野菜、味噌汁の具準備

③味噌汁用の鍋で野菜が湯だったら取り出し、次に味噌汁の具を投入

④肉を炒めだす、この間に味噌汁ぐつぐつ

⑤肉が80%ほど炒めたら一旦火を止めて、ソースに取り掛かる

⑥盛り付け準備をしている間に肉をもう一度温める、炊きたてご飯でサーブ。

 

という、手順です。これで大体30分。

 

木曜日なんかは保育所にルーを迎えに行って、

そのまま、はーーーっとソファーで座りたいところですが、

そこをぐっと我慢して、ご飯だけでも炊いておくだけで晩御飯の準備が

とても便利になります。タイマー機能もついている炊飯器なんだけど、

やっていない。ってことはいらないね。炊きたてが好きだから

使ったことないけど、タイマー機能はもう一度見直してみるべきなのかな。。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です