もろてん。って何なん?

2017年上書き

2005年にもろてん。を始めた時に下の事を書きました。

もう12年も前になりますが、今でもこの【もろてん。】の根本的な趣旨は変わっていません。

私も含め、大体の日本人の方が単身で永住者として移民してくる訳ですが、
日本で暮らすより、文化の違いから戸惑う事もあったり、言葉も壁もありますが、
読者のみなさんが自分の今の立ち位置から、メルボルンでの暮らしを通して、
それぞれの情報を共有することで、少しでも笑える日が多い方がいいな、と思い、
日々書いています。

毎朝8時に更新、目標は毎日更新です!

 

http://moloten.exblog.jp/(旧ブログより)

もろてん。

っていうタイトルでブログを初めて、きっとみなさん何なん?それ?って思われてることと思います。

大阪弁で「~もろてん」って「~をもらった。」ということなんですけれど、
よく大阪人が使う言葉だと思います。

「これなー近所のおばちゃんから食べてー言うていっぱいもろてん。だからちょっとやけど食べてー。」

「あんた、ものもらい、もーて(もろて)きたんかー?」

「ちょっと回覧板もーて(もろて)きてー。」

みたいなやりとりを小さいころから聞いていました。
ブログのタイトルにしようと思ったのも、地下鉄・御堂筋線で
おばちゃん二人の会話がふと耳に飛び込んできたからです。

「おいしい苺もろてなー。今度あんたんとこにも持っていくわな。」

今の世の中、こんな人間くさいやりとりが少なくなってきているような気がしています。
お金で買えないものはない!ぐらいなんでも手に入る時代になってきたけれど、
人とのつながりや暖かさはお金で買えないものと思っています。

自然とお百姓さんから作物をもろてわいらは生きている、全ての物事にはギブ&テイクがある、
(空気・水・食物・自然・人など全部ひっくるめて)もらわないと人間は生きていけません。

ある意味、色んな人が色んなモノや事を提供して、ソレをもらってるから人間は生きていける。
もらうばっかりじゃ、あかんので(昔からおかんに教えられています。)自然や人にもちょっとずつ、
できる範囲でお返しをしようと思い始めたり、そんな循環を考えるようになりました。

落ち込めば友達がパワーをくれる=それをもらって元気が出る。

もらう。ってそんなことだと考えています。

おいしいものを人と分かち合う、人との間で生まれる新しいつながり、
相手を思いやる気持ち、人との繋がり、コミュニティを大切にしたいと思っています。

【もろてん。】から何か新しいヒント、物の見方や、
アイデアを得ていただけたらうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です