メルボルンでプロブロガー前原さんのセミナーに行った感想文

もろてん。コムにしてすぐぐらいの時に、

快適ちゃんのはつさんからブログセミナーがあることを聞いて、

こんな機会滅多とないし、行ってみるか。と行くことに。

 

プロブロガー前原さん

詳しくはこちらの前原さんのブログを見ていただくことにして、

プロブロガーとはそのまんま。要はプロのブロガー。

前原さんの場合はブログの収入+その他同じ系列の物書きや、

アートディレクション等の仕事等をされて生計を立てていらっしゃいます。

 

みんなが見たくなる情報に特化するブログを作る

 

というのが、ざっとしたまとめでした。

もちろんSEO対策の事とか他にもあったけど、個人的には

もう少し突っ込んだ税金とかはどないなってはりますのん?とか、

その辺も聞いてみたかったな。人間は数字を見せると納得し易いといいますが、

前原さん、先月はブログだけで22万円の稼ぎがあったそうです。で、

台湾在住の一ヶ月の諸経費が15万ほどらしいので、悪くないですよね。

そういうライフスタイルを選んでいるプロブロガー最近多いみたいですね。

 

懇親会にも参加してみて、ひょんな事から前原さんの隣の席になって、

真剣に、こういう人がもっと日本に増えたらなーーと思ったよ。

 

前原さん、めっさいい人で話しやすい人。

今の現状が辛い、やべ。そこから抜け出したい、よし動こう!と手探りでも

自分で考えて、進みたい道に進んでいける、未来を切り開いていける能力は本当に必要。

 

最近、職場での人間関係の折が合わずに精神を病んで、

自ら命をたった人の話も身近で聞いたところで、こういう風に

言ったら負けだ。頑張らなきゃ。って思ってる人がこの世には

たくさんいるんだろうなーと思うと胸が痛む。

 

そして、

 

自分にとってのブログとは?

今回セミナーに参加してみて、ブログについて今一度考える

いい機会になった。

 

もう少し早くにドットコムにしておけば、よかったなーと思いつつ、しかし、

過去は変えられないので、今から勉強+頑張ってみることにする。(・∀・)

 

マネタイズという概念でブログを捉えるのであれば、

グーグル先生のトップにあげることを考えて、PV(ページビュー)をあげるのが

一番の近道なんだろうけど、ブログで食べていける人が全体の5%と

(前原さん情報)言われている中で、わい的にはブログだけに頼らず、

卵分散型として先ず仕事ありきで、ブログの両立を目指したいと思う。

後、半年通勤時間の1時間をどう効率的に使えるか、だな。

 

ノマド的に仕事ができるブログというのは、場所を問わず、

日本帰国時でも3週間だけの為にちょっと小遣い欲しいなーと

わざわざ面接行ったりして仕事を探さなくてもいいのが、理想〜♡と思っていて、

それが後1年半後ぐらいの自分の目指すところ。

 

ルーが小学校辺りになると、ルーの日本語とじじばばとの時間というものも

最近よく考えていて、長期で一時帰国もありかな、とオプションに上がってきている。

そういう意味でもネット環境さえあれば仕事ができるブログ方面を

頑張ってみようと思うようになってきた。

 

 

セミナーに参加して気づいたこと 日本と世界の違い

ネット上の色々な(日本語)サイトで勉強させてもらっている。

大体のブログに関する情報はネットに転がっているので、

もう後は自分で試行錯誤しながら、そういうオススメしてもらった

系列の本等を読んで、経験値を積み上げていくことしかできないと思う。

で、メンター的な人にどないですか?と見てもらう時期に来てるかな、と。

そういう場合だとオンラインサロンもいいですよ。と前原さんは薦めてくれた。

少しネクストレベルを目指す時期に来たと感じる。

 

今回、ドットコム化に関しては大体18000円ぐらいかかったので、

その分頑張って元を取りたい!とは思っている。(;・∀・)

ま、一年の勉強代と思えば安いから、一年有効にブログ頑張ろうと思う。

 

 

実際のケーススタディとして色んなサイトを見ているが、

大体のプロブロガーのブログの

 

おはようございます。◯◯◯の☓☓です。

 

とかの出だしフォーマットには実は少々食傷気味だ。

多分そのブログでご飯が食べられている5%の人達はこの

SEO対策が一番にあって、そのフォーマットなんだろうけど、

もう、ちょっと飽きた!!ごめん、やってる人。

 

雛形なのでどちらかといえば、お硬い印象、というか、テクニカル的な感じ?

組み立て式に文章を構築していけるのが得意なプロブロガーは男性が多いのかな。

そんな印象を受ける。

 

逆に英語のサイトにもマネタイズされているからくりはあるけど、

わいが好んで見ているサイトはあまり儲かりまっか臭がしない。

文学的な情緒があって、物語的なフローがあって、特にデザイン性が高い

女性の運営者も多い。逆に女性の方が多いくらいだ。

 

フォント選びにしてもそうだけど、サイトの余白の取り方も美しく、

元々、料理写真がブログの発端だった自分は、デザイン性で言えば

日本産ではないものが好きだ。UI(ユーザーインターフェイス)の、

MAC(英語圏)か、WINDOWS/DOS?(日本)か、みたいな違いがある。

 

他にもインスタグラムの普及率の点ではとても温度差を感じる

昨今のトレンドとして、大体の企業、個人事業主等もマーケティングを運営していく上では

フェイスブックよりインスタグラムに移っている、と世界を

またにかけて仕事をしている豪人WEBデザイナーから聞いた。

 

そういう時代なので、当たり前のように英語でブログを書いている人は

ビジュアルで一発勝負!のインスタグラム用のアイコンがデフォであるが、

大体みなが薦めている日本語対応したワードプレスのテンプレートでは

インスタグラムのアイコンが入っているものは探しきれていない。

 

 

まとめ

結局のところ自分スタイルの写真、オピニオン型情報ブログをやっているが、

自分はこのスタイルが好きなので、「素人・無名のあなたがオピニオン系やっても

おもんないよ、読まないよ。グーグルで上にも上がってこないよ。」と言われても、

自己満だけど、お母さん業で埋もれて”私”が消え去ってしまいそうな個人の表現法の1つとして、

ブログが存在するので、このままのスタイルで続けて、

情報型のものに関しては、もう少しみんなが見やすいようにちゃんとプレゼンを

考えていこうとインスパイアされました。

 

「ぽんずさんは、一記事どれぐらいの時間かかってます?」

「んーーーー。30分ぐらいですかね。」「えー!そうなんです?!」との会話をしたが、

はつさん、こんな2500文字ぐらいの文章書こうと思ったら、

余裕で2時間かかりました。(;・∀・) いかにちゃーーっと記事を

書いていたか、だね。気づかせてくれて、ありがとう!

3 件のコメント

  • お互い、2,000字を20分で書けるように鍛えましょう(笑)

    ブログは手段であるので、それをどうやって活用するかはおのおのがシッカリと考えなくてはならない事ですね!

    • >はつさん
      2000文字20分が理想なんですか?!でもしっかりした前原さんレベルの画像や情報たっぷりの記事を書こうと思ったら、
      余裕で2時間かかりそうですが、鍛えていくしかないですね!

      今回の勉強会、いい刺激になりました。オーガナイズ+重い荷物持ってシティウロウロきてくださって、
      ありがとうございました。お疲れさまです!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です